沖縄よ! 群星むりぶし日記

沖縄を愛し日本を愛する者として、発信していきます。

山本太郎、高いゆりこ山を越えた、がしかし、、、

NHKをはじめテレビ各局は、なぜ東京都知事選の討論番組を企画しないのだろうか?その理由がよく分からず大変残念である。1400万人の人口を抱える巨大都市・首都東京の都知事選は、東京都のみならず、国政にも強い影響を及ぼす。

これほど重要な都知事選であるにもかかわらず、テレビ各局が討論会を開かないのはとても理解し難い。見えないところで政治の強い意思が働いているのではないか、と疑心暗鬼に陥ってしまう。こんな有様では、メディアとしての責任放棄と言われても仕方ないだろう。

そんな中、公益法人東京青年会議所が28日にネット討論会を企画してくれた。視聴者数はテレビ放送に比較して随分劣るとしても、その心意気に感謝したい。


東京都知事選挙 討論会(2020/06

山本太郎候補の圧勝である。贔屓目や偏見なしにそう思う。都知事になることの責任感と覚悟、大胆な発想と具体的な政策は他候補を圧倒している。

都知事小池百合子の4年間の実績は落第点。4年前の公約7つのゼロで達成できたのはただ一つだけ。殺処分ゼロということのようだが、これも途中で基準を変えたらしいので怪しい。

これだけでも都知事の資格ゼロ。さらに言うと、発言がすべて抽象的で、人を魅惑するような言葉を使用しているが中身は空虚。曰く「世界で最も安全で安心で健康な首都・東京」曰く「『長寿』を国際語にしたい。これこそが日本、東京が誇るべき課題であり目標。」「稼ぐ東京」

抽象論もいいとこ、これでは全くのピンボケだ。どこを見て発言しているんだと言いたい。小池節はいつもこんな調子だ。空疎な目立ちたがり屋。甘〜い誘惑。とんでもない女だ。再選などありえない。

宇都宮健児候補の政策は、コロナ災害で困窮している都民を経済的に底上げすると言う点で、山本太郎の政策と共通しているところが多いが、決定的に違うところは、その財源をどうするかにある。宇都宮氏の主張は、今ある都の財源から3兆円規模の基金を作るというもの。

対する山本太郎のそれは、15兆円規模の都債(地方債)発行だ。東京都の資産は34兆円以上あり、なんの問題もない。都債を発行する際の制約、条件等を徹底的に調べあげた上での山本太郎独自の大胆な発想である。

宇都宮氏よ、悪いが人間のというよりも政治家としての器があなたと山本太郎では大きく違うんだよ。この時点で宇都宮氏の負け。

小野泰輔候補の唯一の売りは、熊本県で副知事を8年間勤めたことだ。その時の行政経験を活かしたいということだろう。しかし、日本維新の会の推薦を受けていることからわかるように、小野氏の経済感覚のベースには、新自由主義、緊縮財政(身を切る改革)が横たわっている。

山本太郎の積極財政とは真っ向から対立する立場だ。新自由主義と緊縮財政という間違った経済政策を推し進めたために、我が国は30年にわたって衰退してきたのだ。

小野氏の都知事はありえない。彼の行政手腕は、せいぜい副知事止まりが限界だろう。

残る3候補について言及する必要性を感じない。悪いが、泡沫候補にしか見えないからだ。山本太郎に対する他候補からの質問に対して、山本候補の応答は見事なほどに完璧である。

勉強量、記憶力、分析と総合力、大胆な発想力、責任感と覚悟、捨身の行動力、すべてを比較しても山本太郎は他の候補を圧倒している。山本太郎は高い高いゆりこ山を軽く超えたのだ。

がしかし、残念なことに、これはネット番組である。視聴者の数は限られている。この討論番組が配信されたからといって、山本太郎に大量の票が流れるとは考えにくい。視聴者数に限って言うと、ネット空間とテレビとはまだまだ雲泥の差があるのだ。

その証拠として、昨年夏の参議院選がある。あの時の「れいわ新選組」が巻き起こした旋風はネット空間で凄まじいものがあった。5、6人当選するのではないか、と予想したのは果たしてぼくだけだろうか。結果は2人当選、山本代表落選だった。

ネットと実際の現実は根本的に異なるのだ。現に、山本太郎の連日の精力的な街宣は、ネットでライブ配信されている。それをずっと追いかけてぼくは見ているが、それだけだと山本太郎の勝利は確実だと判断してしまうのだ。

しかしどうだろう、直近の世論調査では、どのメディアも小池優勢を伝えているではないか。これが現実である。ネット空間を過信してはならない。現時点では、山本太郎の勝利は非常に厳しい状況にあると言うこと。

しかし、テレビが討論会を放映してくれたら、山本太郎の逆転勝利は大いにあり得ると断言できる。今日を含めてあと5日ある。その間、NHK、民放どちらでも構わないからテレビ討論を放映してもらいたい。

首都東京の知事選の討論会を企画できないようでは、マスコミの役割放棄、責任放棄であると断罪されても仕方あるまい。

これでも民主主義国家と言えるのか!マスコミの罪はあまりにも深くて大きすぎる。

 

推奨サイト

 チョイさんの沖縄日記 

Osprey Fuan Club ネトウヨ対策課 

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」

れいわ新選組