沖縄よ! 群星むりぶし日記

沖縄を、日本を、そして掛け替えのない惑星・地球を愛する者として発信していきます。

戦後最悪の総理大臣:岸田文雄

ぼくにとって戦後最悪の総理大臣は、これまでのところ安倍晋三だった。過去このブログで何度もそう述べて激しく批判してきた。このことに関して少しも後悔はしていないし間違っていなかったと思っている。

しかし、戦後最悪の総理大臣となると、ぼくの中で入れ替わりが生じて、岸田文雄が栄光の座を占めることになった。総理大臣に就任して約2年半、総合的に評価した結果そうなった。岸田文雄は戦後最悪の総理大臣である。信念を持ってそう判定する。

判定の一つの基準として対米姿勢を考えてみたい。2014年、ロシアがクリミアを併合した時、アメリカはロシアに対して経済制裁をかけた。そんな状況下で、安倍首相はプーチン大統領と会見するためロシアを訪問する予定だった。それに対してオバマ大統領から待ったがかかった。行くなと言う電話が入る。ロシアとは北方領土問題があり、予定を変えるつもりはない、と安倍首相はオバマ大統領の要求を拒否。オバマ大統領はなにも言わず電話を切ったという。この話は鈴木宗男議員によるものだが、おそらく真実だろう。

この時にとった安倍首相の態度は立派である。国益を第一に考えて超大国アメリカ大統領の要求を毅然として拒否する。骨がある。この点だけは賞賛できる。

岸田首相の対米姿勢はどうだろうか?

認知症の疑いのあるバイデン大統領と会見した後、防衛費を5年で43兆円に増やすと突然言い出した。中身がハッキリしない数字ありきだったが、アメリカの兵器を大量に買う腹づもりなのだ。ロシアの特別軍事作戦が始まると、アメリカに次いで真っ先に経済制裁をかけ、ウクライナまで出かけて支援を表明した。日本の立ち位置は、ウクライナとロシアの間に立って仲裁できる絶好の位置にあるのに、岸田首相はそれをみすみす捨ててしまった。2年が経過した今、ウクライナ支援は1兆円を超えている。しかもウクライナ復興支援会議を東京で開催する有様。ウクライナの敗北が確実視される今、岸田首相は今後どのように自らの失策に対して落とし前をつけるつもりだろうか?

対米従属の点で言うと、安倍首相には少しばかり骨があったが、岸田首相には全くない。岸田政権がこのまま続けば日本はますます弱体化し、アメリカと共に沈んでいくに違いない。岸田文雄は戦後最悪の総理大臣である。

 

アメリカはすでに崩壊している

アメリカの崩壊が止まらない。アメリカの崩壊を伝える動画を何度か配信してきた越境⒊0チャンネルの最新の動画を見ると、アメリカの崩壊はより深刻化していることが分かる。

www.youtube.com

ここまで来ると、もはやアメリカは崩壊していると言っても過言ではないだろう。バイデン政権の信じられないような違法移民奨励政策と、極端な差別撤廃政策が国内の秩序を混乱させてモラルハザードを引き起こしている。犯罪は目も当てられないほど多発しダウンタウンから撤退する店舗が相次いでいる。マックスフォンシュラーさんが伝えるアメリカの惨状は、決して誇張ではない。山中泉著『アメリカの崩壊』もおなじようなアメリカの惨状を描いている。山中氏はアメリカ在住30年の実業家で、アメリカの内情に詳しい人だ。アメリカの崩壊は実際に起きているのである。

日本の親米大手マスコミはアメリカの実状を報道しないから、多くの日本人はかつての自由で民主主義の国アメリカのイメージしかないのだろう。しかし現実は違う。時代は人々の予想をはるかに超えて動いている。内戦の危機さえ囁かれる崩壊したアメリカと同盟関係にある日本は、日米関係のあり方を根本から問い直すべき時期に来ているのではないか。

対応を誤ると、取り返しのつかない大ダメージを受けるか、アメリカと共に沈没するかの瀬戸際に立たされることになりかねない。山中氏の新著『アメリカと共に沈む日本』をぼくはまだ読んでいないが、タイトルからしておおよその見当はつく。腐敗政党・自民党は言うに及ばず、今の日本の政治を見ていると、何も言いたくないほどに絶望的だが、このまま行くと「アメリカと共に沈む日本」を、我々は近い将来、目にすることになるかも知れない。

「沖縄狂想曲」と「沈黙の艦隊」を結ぶもの

昨日、桜坂劇場で「沖縄狂想曲」を観てきた。アパートから歩いて約30分、桜坂劇場は久し振りだ。家に居ながら観れるプライムビデオという超便利なものがあるので、特別な作品でない限り、映画館に行くことはなくなった。それにしても今日の暑さは何だ、まるで夏である。シニアの切符1,200円を買って館内に入る。予想した以上の観客数だ。年配者が多い。館内が暗くなり上映開始。

様々な人にインタビューすることで米軍基地の否定的側面、不条理性を強調すると言う構成になっているが、一人のウチナーンチュとしては物足りなさを感じた。ほとんど知っていることだからである。しかし沖縄の米軍基地問題に疎い本土の人々にはインパクトのある映画になっているかも知れない。多くのヤマトゥンチュに見てもらいたい映画である。

物足りなさを感じる映画ではあるが、注目すべき点があった。それは沖国大教授・前泊博盛と元総理・鳩山友紀夫に対するインタビューと山本太郎議員の予算委員会での質疑である。

前泊氏と鳩山氏は日米地位協定と日米合同委員会の存在について触れ、山本議員は日米合同委員会を憲法の上にあるものとして政府を問い糺す場面があった。

強いて言えば、この映画の価値は、日米合同委員会の存在を表舞台に引っ張り出してくれた点にある。しかし、日米合同委員会を丸裸にしたわけではない。相変わらず秘密のヴェールに包まれた存在ではあるが、米軍基地問題の核心部をついただけでも、その意義は大きい。

在日米軍基地問題を追求していくと、最終的にこの日米合同委員会に突き当たる。その組織図にじっと目を凝らしていると、日米同盟、憲法九条、自衛隊、外交、安全保障の本質が見えて来る。これらは全て繋がって一点に集中していることがわかって来る。それは日本弱体化である。

日本弱体化という日本が抱える最大の病気の震源地が日米合同委員会である。ならば病気を治すにはどうすれば良いか?

そこで「沈黙の艦隊」が大いなるヒントになる。日米同盟に楔を打ち込んで日本の自立を促す。「沈黙の艦隊」はフィクションではあるが、日本政府とアメリカ政府を大きく揺るがすほどの日米同盟の欺瞞をつく真実を語っている。

実質は属国同盟にすぎない今の日米同盟を破棄し、日本が自立すれば、病気の震源地である日米合同委員会は雲散霧消する。

 

映画「沈黙の艦隊」のメッセージ : 日本よ独立せよ!

昨日「沈黙の艦隊」第7話第8話を観た。第1話から第8話を貫くこの映画のメッセージは、観る人によって違うと思うが、ぼくは、日本よ独立せよ!だと受け止めた。

第7話冒頭のシーンは、世界最先端の技術と装備を備えた最新鋭原子力潜水艦「やまと」とその乗組員から構成される世界最小独立国家「やまと」の元首海江田艦長と、日本国総理大臣が同盟条約締結をめぐって会談する緊迫した場面から始まる。

海江田艦長の希望で会談の様子は全世界に生中継される。当然、アメリカ大統領は政府のスタッフと共に大画面に映し出される映像を見ている。

「やまと」国は日本と同盟関係を結びたい、との海江田元首の提言に対して、日本国総理大臣は受け入れると表明する。と同時に、総理大臣は、この事案に関して国連に対し特別委員会を開催するように申し入れるつもりだと言明した。海江田元首も同意し、国連のあるニューヨークに向けて出航することになった。この会談を見ていたアメリカ大統領は、「やまと」をテロ組織に指定して潰せとの命令を下す。

東京湾に停泊している「やまと」を目指し撃沈する目的で米第7艦隊が迫って来る。会談を終えた海江田元首は、日本政府官房長官と数名のスタッフに囲まれて原潜「やまと」に向かっている。その途中、テレビの女性ニュースキャスターが、ガードマンの制止を振り切って、聞きたいことがあると海江田元首の背後から叫ぶ。海江田元首は立ち止まって後ろを振り向くと、質問は一つだけだ、答えはyesかnoで答えると言う。

「やまと」は核弾頭を積んでいるか?との質問に、海江田元首は自信に満ちた真剣な表情でyesと答える。この一言で、この映画の重みがズンと増す。実は、原潜「やまと」に核弾頭が搭載されているかどうか、日米両政府に確かな情報はなく、海江田艦長も一度も明らかにしたことがなかったからだ。

海江田艦長の策謀能力の凄さがわかるワンシーンである。どんなに世界最新最高の原子力潜水艦と言えども、核弾頭を搭載しているかどうかで、極度のインパクトの差が出るからである。

原潜「やまと」は海上自衛隊海上に浮かぶ潜水艦をメンテナンスする船の中に停泊しているが、このような船を海上自衛隊保有しているとは、今まで知らなかった。軍事設備についてもっと勉強しなければならないと痛感する。

海江田艦長が「やまと」に乗り込む前から、米第7艦隊所属の潜水艦はメンテナンス艦に魚雷を発射し、その何発かは命中して原潜「やまと」に被害が及ぶ危機的状況になっていた。致命的な被害を受ける前に原潜「やまと」に乗り込んだ海江田艦長の巧みな指揮で、原潜「やまと」は危機一髪でメンテナンス艦から脱出する。

海江田艦長の言動に不信感を抱く自衛隊潜水艦の艦長は、原潜「やまと」を撃沈しようとするが、それは原潜「やまと」を擁護せよとの政府の命令に反するため、副艦長として阻止しなければなりませんとの強い決意に苦しんだ艦長は、副艦長の意見を受け入れて、原潜「やまと」を擁護する立場にまわるが、このシーンも感動的である。

原潜「やまと」を擁護せよとの政府の方針に従い出動した自衛艦隊と米第7艦隊東京湾で対峙する。そして戦闘が開始されるが、この場面は非常な緊迫感と迫力があり、言葉の解説より映像をぜひ観てもらいたいと思う。

自衛隊は決して米軍を攻撃できないという米軍の思惑と、ここは東京湾であり日本の領海内である、と考える日本政府とのギリギリの攻防戦が展開される。最悪の事態を回避するにはどうすべきか、日本政府は苦悩に苛まれる。そこで官房長官が閃く。海江田艦長に質問した女性ニュースキャスターに電話して、今東京湾で起きていること、原潜「やまと」が核弾頭を搭載していることを特番で流してほしいと。

女性ニュースキャスターは官房長官の要請を受け入れて、特番で事実を放映する。それを見ていたアメリカ大統領は動揺する。日本の領海内で米軍が自衛隊を攻撃するのを世界が見れば、アメリカの立場がなくなる。ホットラインが引かれる。この場面での日本国総理大臣とアメリカ大統領のやりとも緊迫感に満ちて見応えがある。

総理大臣が言う。大統領は核戦争をお望みか?と。大統領は苦悩の表情で小さい声でnoと言う。軍事力では圧倒的優位に立つアメリカが、日本国と同盟を結んだ原潜「やまと」が核弾頭を積んでいるというだけで、自衛隊と本格的な戦争になることを思い止まったのである。

大統領の命令で米第7艦隊は引き上げざるを得なくなる。原潜「やまと」は国連特別委員会に臨むため、ニュウヨークに向けて進んで行く。第8話はそこで終わる。

日本の安全保障に強い感心を持つ人にとって、この映画は日米同盟の在り方、核兵器の持つ意味について本質的な問題提起をしていると思う。避けて通れない問題から逃げてはいけない、と言う声が、この映画の全編から聴こえてくる。

日本よ独立せよ!

 

太陽が昇るのを誰も止めることは出来ない:プーチン大統領

タッカーカールソンによるプーチン大統領へのインタビューは、予想を遥かに超えて全世界の注目を集めたらしい。英語圏で約2億回、全世界だと約10億回のアクセス数があったとのスプートニクの報道が、このインタビューに対する世界の関心の高さを裏付けている。

ウクライナへの特別軍事作戦が開始されて以来、西側の著名なジャーナリストによるプーチン大統領への初めてのインタビューという話題性も大きく作用したかもしれない。しかし一番大きな要因は、西側世界の主要なメディアに対するアメリカの影響が大きすぎて、アメリカ優先の報道に偏りすぎる現状に世界の多くの人々が疑問を持ち、当事者であるロシア側の言い分、特に特別軍事作戦を発動させた最高責任者であるプーチン大統領の考えを直接聞きたいと願ったからに他ならない。人々は何よりも真実を知りたいのだ。

2時間を超えるインタビューの感想はと言うと、タッカーカールソンは聞きたい事を聞き、プーチン大統領は、彼の質問に対して予想を超える応答を示した、との印象を持った。

タッカーカールソンは何度か引っ掛けるような質問をしたが、プーチン大統領はいつものように極めて冷静で思慮深く、質問の本質を捉えて、丁寧に具体的に答えていた。なんと言ってもプーチン大統領の誠実な姿勢は、聴衆の心を惹きつけたのではないだろうか?

西側の、特にアメリカのマスメディアはプーチン大統領は嘘つきの暴君だと繰り返し報道しているが、印象操作に過ぎないことは明らかで、それこそプロパガンダであろう。

プーチン大統領もインタビューの中で述べていた。プロパガンダ合戦をすれば、とてもアメリカには勝てない、それほど彼らはプロパガンダに長けている、と。

このインタビューで、特にぼくの感心を引いたのは、プーチン大統領が今の国際情勢を分析して、欧米諸国とブリックスをはじめとするグローバルサウス諸国との経済規模が逆転した、と指摘し、それを具体的数字を示しつつ話し始めた時だ。世界は大きく変わりつつあり、欧米諸国が衰退していく一方で、グローバルサウス諸国が勢いよく台頭してきている。この流れは間違いなく今後も続くだろう。太陽が昇るのを誰も止めることは出来ないからだ。

プーチン大統領はそう言った。世界の大きな変化を正確に読みきっている。しかしバイデン大統領は違う。彼はいまだにアメリカが世界ナンバーワンであり、世界をアメリカに従わせるべきだと信じ込んでいる。それは彼の自惚れから来ている。プーチン大統領は、アメリカ人は自惚れている、という言葉を何度も使った。

ぼくも同感だ。アメリカ人は自惚れが強すぎる。自分たちの言いなりにならない国に対してすぐ経済制裁をかける。ロシア軍がウクライナに侵攻を開始した翌日から、待ってましたとばかりに、次々と徹底的な経済制裁をかけた。その目的はロシアを弱体化させるためだ。しかしロシア人は馬鹿ではない。彼らは度重なる経済制裁には免疫になっている。その対策も用意している。その証拠に、経済制裁発動から2年が経過して逆にロシアは以前より経済成長しているからだ。中国を筆頭に勢いよく台頭するグローバルサウス諸国との経済協力がより一段と強くなったからだ。

世界の変化を読みきれないアメリカ人の自惚れは、自国を破滅へと導くだけだろう。現に今、アメリカは内戦の危機が叫ばれるほどに違法移民問題が深刻化している。大都市は収拾がつかないほどに犯罪が多発している。基軸通貨ドルの信用も落ちてきている。アメリカに荒らされた中東諸国はロシア、中国寄りに動いている。昨年は中国の仲介でサウジアラビアとイランが和解した。

欧米諸国の没落とグローバルサウス諸国台頭の流れは止まらないだろう。それを予感させるプーチン大統領のインタビューだったと思う。

 

日米同盟に楔を打ち込むドラマシリーズ「沈黙の艦隊」

映画「沈黙の艦隊」をシリーズ化したドラマ全8話がプライムビデオで公開されている。その内の1〜6話までを、9日と10日にそれぞれ3話ずつ鑑賞した。7話と8話は17日に放映される予定だ。あまりにも面白い映画なので、17日が待ちきれない思いだ。

まず状況設定が凄い。日米共同で極秘に完成させた世界最強の原子力潜水艦シーバットの艦長に抜擢されたのは海江田という日本人である。冒頭のこの設定からして次の展開に固唾を飲んでしまう。初航海に乗り出したシーバットの艦内で、海江田は艦名を「やまと」に変え、世界に向けて独立を宣言する。世界最強の原子力潜水艦とその乗組員で構成される「やまと国」の誕生。

現実的に見て、こんなことが可能かどうか問いかけるのはナンセンスである。この物語はあくまでもフィクションであり、フィクションとして楽しめば良いだけの話だ。そしてフィクションは時として、現実を超えて真実を伝えることも、人間にとっては人類が誕生して以来の常識である。

海底を遊弋する世界最小の独立国家「やまと国」。外敵から身を守るのは世界最強の原子力潜水艦「やまと」のみである。世界最強の原子力潜水艦の艦長に海江田自衛官が抜擢されたのは、彼が超優秀な軍人としての資質を持っていたからであろう。日米の主従関係を考慮すると、米軍から抜擢されるのが極めて当然の筈だからである。

沈着冷静、緻密にして大胆な海江田艦長の目的は何か?

日本と同盟関係を結び、日米同盟に楔を打ち込む。そして日本を対米自立、真の独立国家に導く。それをバネにして世界平和を実現する。世界の誰も思い付かないような実に壮大な構想を、海江田艦長は思い描き、実行に移しているのだ。

当然アメリカは反発し、「やまと」を潰しに出る。「やまと」を撃沈せよとの大統領命令が米艦隊に発令される。全編が緊張感あふれるシーンの連続だが、「やまと」を護ろうとする自衛隊艦隊と、それと対峙する米第3艦隊、米第7艦隊との戦闘場面は、特に迫力がある。

「やまと」を撃沈するために米艦から発射された数発のミサイルを自衛艦のミサイルが迎え撃つ。しかし撃ち漏らしたミサイルの一発が護衛艦の一つに命中する。複数の負傷者が出る。明らかに日本に対する武力攻撃であり、専守防衛で反撃できる場面。

しかし、自衛隊の司令艦長は米艦への攻撃を思い止まる。思いもよらない同盟国による武力攻撃と、それに反撃できない自衛隊という、日米関係の矛盾を突くこのシーンは、我々日本人の心を強く揺さぶって離さない。しかし独立国「やまと」は黙っていなかった。第3艦隊の原子力空母を狙って魚雷4発を発射。見事に命中して巨大な航空母艦の船体が傾いていく。「やまと」は海域から姿を消す。

その後「やまと」は日本政府に対して同盟関係を結ぶ提案を行う。政府はそれを受け入れて、交渉の場所と日時が決められた。海江田やまと国元首と日本国総理大臣が交渉の席につく場面で第6話は終わる。

とにかく掛け値なしに面白い映画である。フィクションではあるが空想の域を超えて、現実の日米関係、不平等条約である日米安全保障条約の上に築かれた日米関係のあり方を深く考えさせてくれる。日本人の手になる戦争映画は、これまでに数多く作られてきたが、その中でこの「沈黙の艦隊」は、緊迫感、醍醐味、思想性、投げかける問題の深さにおいて、政治的に一頭抜きん出た作品だと思う。

多くの言論人がこの作品を取り上げて、大いに議論を展開してほしいと願う。対米自立は今なお、我々日本人にとって切実な問題だからである。

 

映画「沖縄狂想曲」2月17日(土)から桜坂劇場で上映開始


www.youtube.com

太田隆文監督の映画「沖縄狂想曲」。予告編を見ると、山本太郎議員が予算委員会で、日米合同委員会を質す場面が一瞬だが出てくる。日本の未来が見通せない今、全国民必見の作品と言える。沖縄米軍基地問題は、日本国家の在り方そのものを、根底から問う問題だからである。