沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

Fire and Fury(炎と怒り)

Fire and Fury トランプ政権の内幕を暴露した本のタイトル名。現在、全米でベストセラーになっているらしい。まだ購入はしていないが、気になって、関連事項をネットで調べていくうちに偶然、本から引用したかなり長い文章に突き当たった。イラスト入りのかなり本格的なもので、多少興奮してしまった。さすがに言論の自由に最高の価値をおく国だと、感心する。同時に、ネット世界の便利さと恐ろしさも痛感している。読んでみると、なかなか興味深いことが書かれているが、その中でも取り分け、トランプ本人は、開票当日まで、当選するとは思っていなかった、その意思もなかったと記述している箇所には、正直驚かされた。実験国家の衣を装ってスタートした米国という国家の危うさを改めて感じさせる文章である。
Once he lost, Trump would be both insanely famous and a martyr to Crooked Hillary. His daughter Ivanka and son-in-law Jared would be international celebrities. Steve Bannon would become the de facto head of the tea-party movement. Kellyanne Conway would be a cable-news star. Melania Trump, who had been assured by her husband that he wouldn’t become president, could return to inconspicuously lunching. Losing would work out for everybody. Losing was winning.
Shortly after 8 p.m. on Election Night, when the unexpected trend — Trump might actually win — seemed confirmed, Don Jr. told a friend that his father, or DJT, as he calls him, looked as if he had seen a ghost. Melania was in tears — and not of joy.
There was, in the space of little more than an hour, in Steve Bannon’s not unamused observation, a befuddled Trump morphing into a disbelieving Trump and then into a horrified Trump. But still to come was the final transformation: Suddenly, Donald Trump became a man who believed that he deserved to be, and was wholly capable of being, the president of the United States.
敗北すれば、トランプは超有名になり、詐欺師ヒラリーに対する殉教者になる。娘イヴァンカも婿のジャレッドも世界的著名人になる。バノンはティーパーティ運動の指導者になる。(こんな良いことはないじゃないか!)トランプは、妻のメラニアに俺は大統領にはならないよ、またお忍びでランチを楽しもう、と言って夫人を喜ばしていた。敗北は全員が了解していた。敗北は勝利なのだ。しかし、意に反してトランプは当選した!確定したその日、息子 Don Jr は、父は幽霊のように見えたと友人に言っている。メラニアは泣いた。当選を喜んだからではなく、これから訪れる困難、悲劇を思って泣いたのだ。トランプ自身混乱し恐怖に慄いた。
From the moment of victory, the Trump administration became a looking-glass presidency: Every inverse assumption about how to assemble and run a White House was enacted and compounded, many times over. The decisions that Trump and his top advisers made in those first few months — from the slapdash transition to the disarray in the West Wing — set the stage for the chaos and dysfunction that have persisted throughout his first year in office.
意に反して大統領になったトランプは、ほとんどなんの準備もしていなかった。人材登用、政権をどのように運用するか・・・
短い抜粋だが、就任以来約1年に渡るトランプ政権の米国政治史上見たこともないような混乱ぶりの背景が理解できるような気がする。そして、トランプ政権の混乱は、今なお続いている。我々日本人は、これから先どこに向かうか分からない混迷極める米国に従属したまま生きて行かなければならない。我々は地獄のタイトロープを歩かされるのだ。