沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

安倍首相が共犯罪で逮捕される可能性が出てきた

加計学園の設計図が出てきてマスコミが騒がしくなってきた。図面に詳しい複数の建築設計士の鑑定評価によると、坪当たり単価は60万円から100万円位の間になるらしい。しかし文部科学省に提出された際の評価額は、150万円である。つまり50万円以上の建設費水増し請求があったのではないか、という疑惑が出てきたのだ。あとはこの設計図の信憑性が問題になってくるが、設計図の提供を受けた文部科学省の担当部署の判定がいつになるか、予断を許さない状況と言える。仮に設計図が本物であり、建設費の水増し請求の事実が確定されたら、当然、理事長の加計孝太郎氏に検察の手が伸びる事態が予想される。そして彼の長年の友である安倍首相にも、共犯の疑いで検察の調査が入る可能性も出てくる。これまでの国会の審議を見ても、安倍首相の答弁はあまりにもお粗末で、とても国民の理解を得られるものではなかった。本人はそれを反省し、記者会見で頭を下げて謝罪したが、それで疑惑が消えたわけではない。森友学園の場合もそうだったが、続いて加計学園問題が出てきた当初、安倍首相は、追求する野党議員に対して、「仮に私が関係しているなら、総理を辞めても良い」と最大限の啖呵を切った。こういう時に最も強い啖呵を切るのは、逆に真実を隠している可能性が強い。子供によく見られる心理である。思えば、ここまで事態をこじらせたのは、安倍首相本人に責任がある。国会をあまりにも軽視しすぎた。真実を丁寧に説明すべきなのに、そうしなかった。その政治手法は強引で、民主主義を装う独裁的体質だと断罪されても決して過言ではないだろう。そして、何と言っても頭が悪すぎる。「地球俯瞰外交」「積極的平和主義」「女性が活躍する社会」「1億総活躍社会」「人づくり革命」そして「仕事人内閣」。これらは、安倍首相が次々と編み出した虚言の数々だ。一国の総理大臣が吐く言葉ではない。中身が何もない言葉遊びに過ぎない。頭の悪さを通り越して、ちょっとした精神病に侵されているのではないかとさえ思われてくる。それでも現実は過酷だ。身から出た錆は自らの手で払い落とさねばならない。しかし、これまでに身についた錆はあまりにも厚すぎるのではなかろうか。錆を全て払いおとす前に、東京地検特捜部の靴音が遠くから聞こえてきそうだ。加計学園問題からまだまだ目が離せそうにない。

 

お知らせ: 保守も革新も無党派層の人も辺野古へ行こう!
海兵隊が沖縄に駐留する軍事的必然性はない!
新基地ができると、日本の真の独立は200年遅れるぞ!
毎日無料高速バスが出ています:参加費はカンパのみ
月曜日 午前9時発 平和市民連絡会
火曜日 午前9時発 オール沖縄那覇の会
水曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
木曜日 午前9時発 平和市民連絡会
金曜日 午前9時発 平和市民連絡会
土曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
(いずれも県庁前広場発:受付8時半〜)