沖縄よ! 群星むりぶし日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

八重山日報の挫折から見えてくるもの

八重山日報が本島での配達を、今月いっぱいで中止するらしい。

詳しい内容は「Osprey Fuan Clubうようよ対策課http://uyouyomuseum.hatenadiary.jp

をご覧頂きたいが、ある意味期待していただけに非常に残念だ。

琉球新報沖縄タイムスの編集方針に異を唱えて、保守派の視点に立った情報を提供する目的で、一昨年の4月から本島での配達を開始したのだった。 

当初、その熱意は並々ならぬものがあった。チャンネル桜「沖縄の声」による大々的な宣伝もあり、購読を希望する読者がいる以上は、たとえ少部数でも、なんとか定着するのではないか、と漠然と考えていたが、現実は厳しかったようだ。

断っておくが、ぼくは八重山日報のファンではない。ただ、新報・タイムス2紙が報じない記事は貴重だし、その意味で大いに張り合ってもらいたかった、というだけである。

違う視点からの情報は多いに越したことはない。各新聞社が競い合い、大いに切磋琢磨して質の高い情報を提供する。

その真贋は読者の判断に委ねる。これが理想であり、自然だろう。

その線で考えていくと、八重山日報が なぜ挫折したか、その原因がおぼろげながら見えてくるような気がする。

一昨年、郵便受けに八重山日報が投函されていた。見本という大きな文字がスタンプで印字されたものだ。

8面の薄い新聞。これで2160円の購読料は高すぎる、よほど質の高い記事を提供しない限り苦戦は免れないだろう、と直感した。

そして、記事のほとんどは八重山に関するものだ。これでは本島で暮らす人々の多様な要求に応えることはできないのではないか。

当然、編集部としてはこれらの懸念材料をすべて検討したうえでの本島進出だったに違いない。

しかし、結論から先に言うと、やはり準備不足で拙速すぎたのだ。となると、なぜこれほど急ぎ過ぎたのか、という疑問が湧いてくる。

考えられることは、「チャンネル桜」との関係だ。ご存知のように「チャンネル桜」は保守系を代表するメディアだ。

「沖縄の声」はその支所である。そこに登場するキャスターは全員、共通の信念で結ばれている。在沖米軍駐留を容認し、受け容れるという信念だ。

彼らの信念と八重山日報の編集方針が一致した。そこで「チャンネル桜」が丸抱えで八重山日報を応援することになった。

「沖縄の声」には「琉球新報沖縄タイムスを正す県民・国民の会」の代表を務める我那覇真子がいる。

八重山日報は、彼女を何度も大きな記事にして掲載した。両者の信念と利害が一致するのは自然の勢いというものだろう。

しかし、やはり世間はそう甘くはない。記者が配達に駆けずり回るという涙ぐましい努力にも関わらず、八重山日報はつい勇み足を犯してしまった。

あの有名な沖縄自動車道における多重衝突事故に関連する記事だ。

記憶されている方も多いと思うが、あのフェイク野郎・ボギー手登根を発生源とするフェイクニュース

それに関わったおかげで、産經新聞那覇支局長が更迭されるという事件にまで発展したフェイクニュースに、なんと八重山日報がうまく乗せられて、フェイク記事を書いてしまったのだ。

嘘がバレて、紙面で謝罪するという失態を演じてしまったのである。

詳しい内容は「うようよ対策課」をご覧いただくとして、取材もろくにしないで記事を書くという実態が明らかになった以上、賢明な読者から相手にされなくなるのは、これまた自然の成り行きというものだろう。

新報・タイムスと互角に張り合える保守思想を浸透させるという、高い志を掲げながら挫折せざるを得なかったのは、当然と言えば当然なことなのである。

そこでひとつ御忠告を。

八重山日報殿、チャンネル桜「沖縄の声」と深く関わると、ろくなことになりませんぞ!

心機一転して、新報・タイムスと互角に渡り合えるような、深く掘り下げた質の高い保

守報道を提供してもらいたい。

そのための一つの提案。紙にこだわらずに電子版専門にしたらどうか。現在の無料電子版は見た目もカッコよく、なかなかよくできていて、スタッフに優秀な人材がいることが推測できる。

価格を安く抑えることができたら、本島どころか、それこそ全国版として普及する可能性は大いにあり得ると思うが。

とは言っても、やはり有料にする以上、最後に勝負を決めるのは、記事の内容と質次第によるのは言うまでも無い。

 

推奨サイト

チョイさんの沖縄日記https://blog.goo.ne.jp/chuy

海鳴りの島からhttps://blog.goo.ne.jp/awamori777

うちなーありんくりんTVhttps://www.youtube.com/channel/UC8Kxe-Wh3Baop2ui76xq5-Q

OspreyFuanClubうようよ対策課http://uyouyomuseum.hatenadiary.jp

 佐藤健志・DancingWriterhttps://kenjisato1966.com

三橋貴明・新世紀のビッグブラザーhttps://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/