沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

竹田恒泰よ、お前もか!

昨日の「激論!クロスファイア」に出演した、竹田恒泰氏は、安倍総理のビデオメッセージに基本的に賛成し、実際の条文がどうなるか予想はできないが、と前置きした上で、例えばこのような条文にすれば2項と矛盾しないのではないか、と述べて氏自ら発案したその条文を提示した。
竹田氏が示した条文とは次のようなものである。「但し、自衛のため、戦力を保持し、国の交戦権は認める。その戦力を「自衛隊」と称する。」
この文章をそのまま九条全文に付け加えると以下のようになる。
第九条
1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦 争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
3 但し、自衛のため、戦力を保持し、国の交戦権は認める。その戦力を「自衛隊」と称する。
さて、2項と3項を読み比べてみて、両項は矛盾しないとする竹田氏の頭は、とても正常とは思えない。慶應義塾大学憲法学を学んだ専門家の発想がこの程度だとすれば、背筋が寒くなるような感じを受ける人は、決して少なくないはずである。
2項と3項が相容れないことぐらい、中学生でもわかる簡単な論理矛盾である。逆立ちして読んでも両項が完全に矛盾しているのは明らかであろう。保守を自認する人間の理性が、これほど貧しいとは実に驚嘆すべき事態ではないか。竹田氏といえば、沖縄の基地問題に偏見を持つ言論人でもある。
たかじんのそこまで言って委員会」という番組で、氏は次のような発言をしている。「普天間基地はもともとは田んぼであり、誰も住んでいないところに建設されたもので、基地ができたら基地経済を目当てにして、その周囲を囲むように住宅が建つようになったのだ。だから世界一危険とされる普天間基地が存在する責任は地元の住民にある。」
これはネトウヨの間で拡散した偏見だが、発信元は恐らくチャンネル桜「沖縄の声」である。何故なら「沖縄の声」の常連のキャスターに、同じ内容の発言を、竹田氏より遥か以前に発信した者がいるからだ。竹田氏は、沖縄の歴史を自分で調べるという基本的なことをしないで、他者の言動を盲目的に受け売りしたにすぎない。
同じような発言をする言論人に百田尚樹がいる。彼もまた事実を自分で調べないで、沖縄のエセ保守の言論をそのまま使うような軽薄なポピュリストだ。沖縄の左翼勢力を批判する一方で、沖縄を貶めるエセ保守勢力の代表的人物の一人である。
彼らの間違った沖縄基地問題の認識は、沖縄タイムス社編集局編『これってほんと⁉︎ 誤解だらけの沖縄基地』の本の中で全て論破されているので、日を改めて言及したいと思う。

それにしても戦後の日本の安全保障を考えるとき、多くの言論人の本気度がどれほど薄っぺらか、繰り返し繰り返し何度も見せつけられるとは、ただただ愕然として、絶望あるのみ。