沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

シリア空軍の化学兵器使用はまだ確定していない

今日のスプートニク報道から。
ロシア政府は、7日の米軍によるシリア空軍基地の巡航ミサイル攻撃は、国際法違反であり状況を悪化させただけだ、と執拗に米国政府を繰り返し批判している。批判の根拠は、4日に反政府地域イドゥリブ県をシリア空軍が爆撃した際、化学兵器を使用した事実はないにもかかわらず、米国政府はなんの証拠も提示しないままシリア空軍基地に対する報復攻撃をした、と言うもので、従来繰り返してきたのと同じ主張である。これほど執拗に同じ主張を何度も繰り返すのは、よほどの自信がなければできることではない。
仮に、シリア軍に不利な決定的証拠が出てくれば、ロシア政府のメンツは丸潰れとなり、間違いなく国際的信用は失われる。果たしてロシア政府はそれを覚悟の上で発言しているのかどうか気になるところだが、いづれにしても、日本のマスコミは主に欧米諸国の情報を伝える傾向が強いから、真実を知るためには、スプートニクの記事を根気よく閲覧し続ける必要がありそうだ。
ロシア外務省報道官のマリア・ザカロヴァは、大量破壊兵器が存在しないのに、米国政府は、2003年にイラクを攻撃したことも指摘している。この事実は、今や米国政府にとっては決定的な弱点になっているのは確かだ。
Russia’s Foreign Ministry spokeswoman Maria Zakharova has criticized the US missile strike on Syria, saying it was against international law and "brought the situation nowhere."
MOSCOW (Sputnik) — Zakharova condemned the US cruise missile strike on a Syrian airfield as unacceptable, in an interview out Thursday.
"That was something really unacceptable because that was against international law… They brought the situation nowhere," Maria Zakharova told Yahoo Global News.
US warships in the Mediterranean launched 59 cruise missiles at Syria's Sha’irat military airfield on April 7 in response to the alleged chemical weapon use by the government, without providing any evidence.
The spokeswoman also lashed out at Western countries for forcing President Bashar Assad to go, saying "this is not a way out, it is a dead end."
Asked whether she believed President Assad had ordered his air force to use a toxic gas against his own people, Zakharova said there were experts whose job it was to probe such incidents.
"Our decisions should be based on real evidence," she said, warning against repeating the 2003 Iraq scenario when the United States claimed Baghdad had weapons of mass destruction but none was found.
Damascus denied any involvement in the April 4 chemical attack in the Idlib province, and the Syrian army said it did not have chemical weapons as they were destroyed under a 2013 deal, monito