沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

民進党代表選は茶番劇以外の何物でもない

前原誠司枝野幸男民進党代表選に立候補した。安倍政権の支持率が急落した今、野党第一党民進党に追い風が吹いているかというと、決してそうとは言えない。そうでないどころか、政界の液状化現象が始まっている中で、最も深刻なのは、国民の期待に答える人材がもはやどこにも見当たらない、ということではないか。軍事的危機に直面している現在の我が国にとって、最重要課題は、国防をどうするか、安全保障体制をどう構築していくかであるが、その点において、前原、枝野両氏には何も期待できない、とはっきり明言したい。日本の安全保障を考える際、沖縄の基地問題をどう捉え認識しているかでその政治家の本気度・力量が問われる、と言っても決して言い過ぎではない。前原誠司は、政権交代前の2009年3月に次のように発言している。「キャンプ・シュワブに移す計画がそもそも無理だった。あの綺麗な海を埋め立てるのは駄目だ」

しかし、政権奪取後、鳩山内閣辺野古移設へと方針転換した。それを踏まえて、菅内閣で外相を務めた前原氏は「沖縄にはお詫びをしながら理解を得て交渉していく」と述べ、辺野古移設推進を積極的に推し進めたのだった。そして蓮舫さんと争った前回の代表選では、「我々の政権時に最終的に今の辺野古を日米合意で決めた。これを真摯に沖縄の皆様方にご理解をいただくように努力する」と訴えたのだ。さらに今回の代表選でも「今のプロセスに戻ってしまったのは申し訳なかった。進めてきたプロセスをしっかり進めることが大前提になる。県民のお気持ちを汲み取る話し合いも同時並行で受け止めるのが政治の役割だ」と述べて辺野古移設を容認する立場に変わりはないとしている。結局どういうことかというと、米国と沖縄の米軍基地問題を交渉する時は、沖縄県民の意思を尊重する必要はないと言っているに等しい。辺野古移設に県民の7割が反対しているにもかかわらずだ。これでは今の安倍内閣と全く同じではないか。対米従属路線から一歩も抜け出すことができない、我が国の哀れな政治家たち。フォークランド紛争の際の閣議において、サッチャー首相は「ここには男は1人しかいないのね」と言ったらしいが、日本の国会議事堂には男は1人も見当たらないようだ。「もはやこの国はダメなんじゃないですか。(西部邁談)」

 

 お知らせ: 保守も革新も無党派層の人も辺野古へ行こう!
海兵隊が沖縄に駐留する軍事的必然性はない!
新基地ができると、日本の真の独立は200年遅れるぞ!
毎日無料高速バスが出ています:参加費はカンパのみ
月曜日 午前9時発 平和市民連絡会
火曜日 午前9時発 オール沖縄那覇の会
水曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
木曜日 午前9時発 平和市民連絡会
金曜日 午前9時発 平和市民連絡会
土曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
(いずれも県庁前広場発:受付8時半〜)

 

「 西尾幹二のインターネット日録 」より

今月18日の産経新聞「正論欄」に掲載された西尾幹二氏の論考が「西尾幹二のインターネット日録」に全文引用されている。勇馬氏のコメントのおかげで内容を多少は知っていたが、いかんせん、産経新聞を購読していないので、全文が「日録」に掲載されるのは、もう少し時が経過してからだろうと思っていたところ、意外にも早く「日録」に載っているのを見て、驚くと同時に楽しくなり、勝手ながら当ブログに全文掲載させて頂くことにした。安倍政権の性格がどんなものか、日本の政治に欠けているものは何か、大いに読者の思考を鼓舞し啓蒙するに違いない。深い洞察と、味わい深い文章を、是非堪能していただきたい。

「 『民族の生存を懸けた政治議論を保守の立場から保守政権を批判する勇気と見識が必要だ』

今でも保守系の集会などでは当然ながら、安倍晋三政権を評価する人が少なくなく、私が疑問や批判を口にするとキッとなってにらまれる。「お前は左翼なのか」という顔をされる。今でも自民党は社会体制を支える最大級の保守勢力で、自民党の右側になぜか自民党を批判する政治勢力が結集しない。欧州各国では保守の右側に必ず保守批判の力が働き、米国でもトランプ一派は共和党の主流派ではなかった。先進国では日本だけが例外である。

≪≪≪仲良しクラブでは窒息死する≫≫≫

日本政治では今でも左と右の相克だけが対立のすべてであるかのように思われている。民主党民進党と名を変え、リベラル化したつもりらしいが、共産党に接近し、「何でも反対」の旧日本社会党にどんどん似てきている。ここでも左か右かの対立思考しか働いていない。自民党民進党もこの硬直によって自らを衰退させていることに気がついていない。
それでも国内の混乱が激化しないのは、日本は「和」の国だからだという説明がある。まだ経済に余裕があるからだとも。米国のある学者は、世界では一般に多党制が多く、二大政党制を敷く国は英国をモデルにしたアングロサクソン系の国々で、ほかに一党優位制を敷く国として、日本やインドを例に挙げている。自民党を喜ばせるような研究内容である。

しかし選挙の度に浮動票が帰趨(きすう)を決めている今の日本では、一党優位制が国民に強く支持されているとは必ずしも言えない。仕方ないから自民党に投票する人が大半ではないか。党内にフレッシュな思想論争も起こらない今の自民党は日本国民を窒息させている。

「受け皿」があればそちらへいっぺんに票が流れるのは、欧米のように保守の右からの保守批判がないからだ。左右のイデオロギー対立ではない議論、保守の立場から保守政権を正々堂々と批判する、民族の生存を懸けた議論が行われていないからである。

保守政党が単なる仲良しクラブのままでは国民は窒息死する。一党優位制がプラスになる時代もあったが、今は違う。言論知識人の責任もこの点が問われる。

≪≪≪保身や臆病風に吹かれた首相≫≫≫
 
私は安倍首相の5月3日の憲法改正案における第9条第2項の維持と第3項の追加とは、矛盾していると、6月1日付の本欄で述べた。そのまま改正されれば、両者の不整合は末永く不毛な国内論争を引き起こすだろう、と。
 
今は極東の軍事情勢が逼迫(ひっぱく)し、改正が追い風を受けている好機でもある。なぜ戦力不保持の第2項の削除に即刻手をつけないのか。空襲の訓練までさせられている日本国民は、一刻も早い有効で本格的な国土防衛を期待している。

これに対し、首相提案を支持する人々は、万が一改憲案が国民投票で否決されたら永久に改憲の機会が失われることを恐れ、国民各層に受け入れられやすい案を作る必要があり、首相提言はその点、見事であると褒めそやす。
 
さて、ここは考え所である。右記のような賛成論は国民心理の読み方が浅い。憲法改正をやるやると言っては出したり引っ込めたりしてきた首相に国民はすでに手抜きと保身、臆病風、闘争心の欠如を見ている。外国人も見ている。それなのに憲法改正は結局、やれそうもないという最近の党内の新たな空気の変化と首相の及び腰は、国民に対する裏切りともいうべき一大問題になり始めている。

≪≪≪保守の立場から堂々と批判を≫≫≫

北朝鮮の核の脅威と中国の軍事的圧力がまさに歴然と立ち現れるさなかで敵に背中を向けた逃亡姿勢でもある。憲法改正をやるやるとかねて言い、旗を掲げていた安倍氏がこの突然の逃げ腰-5月3日の新提言そのものが臭いものに蓋をした逃げ腰の表れなのだが-のあげく、万が一手を引いたら、もうこのあとでどの内閣も手を出せないだろう。

国民投票で敗れ、改正が永久に葬られるあの幕引き効果と同じ結果になる。やると言って何もやらなかった拉致問題と同じである。いつも支持率ばかり気にし最適の選択肢を逃げる首相の甘さは、憲法問題に至って国民に顔向けできるか否かの正念場を迎えている。

そもそも自民党は戦争直後に旧敵国宣撫(せんぶ)工作の一環として生まれた米占領軍公認の政党で、首相のためらいにも米国の影がちらつく。憲法9条日米安保条約と一体化して有効であり、米国にとっても死守すべき一線だった。それが日米両国で疑問視されだしたのは最近のことだ。今まで自民党は委託された権力だった。自分の思想など持つ必要はないとされ、仲良しクラブでまとまり、左からの攻撃は受けても、右からの生存闘争はしないで済むように米国が守ってくれた。

しかし、今こそ日本の自由と独立のために自民党は嵐とならなければいけない。保守の立場から保守政権を堂々と批判する勇気と見識が今ほど必要なときはない。(評論家・西尾幹二 にしおかんじ)」

 

お知らせ: 保守も革新も無党派層の人も辺野古へ行こう!
海兵隊が沖縄に駐留する軍事的必然性はない!
新基地ができると、日本の真の独立は200年遅れるぞ!
毎日無料高速バスが出ています:参加費はカンパのみ
月曜日 午前9時発 平和市民連絡会
火曜日 午前9時発 オール沖縄那覇の会
水曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
木曜日 午前9時発 平和市民連絡会
金曜日 午前9時発 平和市民連絡会
土曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
(いずれも県庁前広場発:受付8時半〜)

米軍が最も恐れた男・その名はカメジロー

一年半ぶりに男は刑務所から出てきた。痩せてはいるが、ネクタイをきちんと締めたその凛々しい背広姿はダンディである。ハリウッドの二枚目スターに少しも見劣りしないほどかっこいい。右手を高く上げて、出迎えの群衆に笑顔で応えている。彼を見送る刑務官たちの表情も、なぜか穏やかで微笑んでいるように見える。この出所者に対する信頼感がなければ見れないような顔の表情である。自信に溢れて愛嬌たっぷりで刑務所から出てきたこの男は一体何者だろうか?彼こそ、この映画の主人公瀬長亀次郎その人である。世界最強最大の軍事力を持つ米国の統治下において、米軍の圧政に屈したなかった、沖縄の戦後史最大の英雄である。庶民の中に溶け込み、苦悩も喜びも庶民と共有した瀬長亀次郎は人間的魅力に溢れる男だった。四角張った、なんとも言えない愛嬌ある顔と、痩せ細った身体。そして強い沖縄訛り。これだけならなんの変哲もない一沖縄人でしかない。彼を他の政治家たちから際立たせたものは、何と言っても、その勇気ある発言と行動だった。琉球政府創立式典で、並み居る米軍将校の前で、宣誓拒否をする。関係者全員が起立している中で、一人瀬長亀次郎だけが着席したままの写真がある。座ったままの亀次郎を見ている将校たちが、耳打ちしたり、呆れたというような表情をしている。長い物には巻かれろ、沖縄の経済人、政治家のほとんどがそう考えていた当時、瀬長亀次郎だけが信念を貫き通した。我に理があれば、敵がどんなに強大であろうと、屈することはない。瀬長亀次郎はこの時すでに自身の命を天に預けていたのだ。だから恐れるものは、同胞である民衆の他に何もなかった。沖縄の人々は、そんな亀次郎の勇姿に痺れたのである。戦争で貧困のどん底に突き落とされた沖縄の人々を、世界一裕福な米国が抑圧する。その中で、一人の男が立ち上がり、民衆の声や思いを代弁して、一歩も引かない。彼の演説は明快で力強く、しかもユーモアがあり、大衆を熱狂させ、そして勇気づけた。人々は気さくで正直な性格の瀬長亀次郎を身近に感じ、彼をカメジローと呼んで慕った。おそらく、沖縄の戦後の政治家で、カメジローほど人々から愛され、親しまれた人間はいないだろう。現在、那覇高校がある場所で、カメジローが演説した時、15万人の聴衆が集まった、というからその人気がどれほど凄まじいものだったかがわかる。米国民政府はカメジローを恐れた。彼を自由にさせると、我々の統治に支障をきたす。邪魔だ、なんとしてでも排除してやれ。1954年10月、米国民政府は出入国管理令違反でカメジローを逮捕、懲役2年の判決でカメジローは投獄される。古今東西、偉大な人物に監獄は憑き物である。出獄した年、さっそく那覇市長選に出馬して、当選する。米国民政府は瀬長亀次郎が人民党の幹部であり、共産主義者としての烙印を押し、危険人物として徹底的にマークした。しかし、当時のカメジローの主張には、マルクス主義の革命思想家にありがちな過激な行動は見られない。あくまでも、沖縄の同胞を米国の過酷な抑圧から救済すべく、人間として当然の権利を主張し、行動したのである。米国民政府は瀬長亀次郎という人間の本質を見誤った、としか言いようがない。カメジローがなぜ人々にこれだけ愛され信頼されたのか、もっと冷静に考えて正確に分析していれば、統治の仕方も、もっと沖縄の人々に寄り添ったものになったはずである。そしてその方が、米国にとっても将来的に良い結果をもたらしたはずだ。しかし、米国民政府はそうしなかった。共産主義に対する先入観と恐怖心が、言葉の他にはなんの武器も持たない、一人の男をあの手この手で執拗に抑圧した。これが逆効果となり、民衆はますますカメジローを応援したのである。米国民政府は管理下にある琉球銀行の預金凍結を行なった。那覇市の財政運営に支障を起こさせ、瀬長市長を追い落とすためである。これを知った市民は怒った。進んで納税するために市役所に市民が殺到した。納税率77%が97%に跳ね上がったというから恐ろしい。米国民政府は那覇市の水道の水も止めるという、子供っぽいこともやっている。潤沢な金と強力な武器は持っていても、彼らの頭の中は空っぽだ。人間の本質を見る力がない。1957年、高等弁務官ジェームズ・E・ムーア陸軍中将は布令を改正し、瀬長市長を追放し被選挙権を剥奪する。この布令(通称「瀬長布令」)が廃止されるのは、なんと10年後の1967年である。いかに超大国、米国民政府が小さな島に生きる男の言葉を恐れていたか、ということを証明するような歴史的事件であったと言える。被選挙権を回復したカメジローはその後、立法院議員をはじめ衆議院議員となり、沖縄県民のために尽力された。瀬長亀次郎のおかげで、沖縄県民の誇りは保たれた、と言っても決して言い過ぎではないだろう。

 

  お知らせ: 保守も革新も無党派層の人も辺野古へ行こう!
海兵隊が沖縄に駐留する軍事的必然性はない!
新基地ができると、日本の真の独立は200年遅れるぞ!
毎日無料高速バスが出ています:参加費はカンパのみ
月曜日 午前9時発 平和市民連絡会
火曜日 午前9時発 オール沖縄那覇の会
水曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
木曜日 午前9時発 平和市民連絡会
金曜日 午前9時発 平和市民連絡会
土曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
(いずれも県庁前広場発:受付8時半〜)

勇馬眞次郎氏のコメント「日本を衰退させる世襲政治家」

西尾幹二のインターネット日録」の「フロンティアの消滅(六)」に勇馬氏が14日付と18日付のコメントを寄せておられる。刮目すべき見解に共感を覚え、できるだけ多くの人に読んでほしいと思い、勝手ながら、14日付のコメント全文を掲載させていただくことにした。勿論、合わせて西尾氏の論文も、是非読んでもらいたいと思う。質の高い論考は、真実に飢える多くの読者の共感を呼ぶこと間違いないと確信するがゆえに。

「 勇馬眞次郎 より:日本を衰退させる世襲政治家

“フロンティアの消えた世界でパイの奪い合いは陰惨になり、静かに資本主義が死を迎える”という3年前のこの結びの言葉には今更ながら戦慄を覚えます。3年前に出版された「アメリカと中国はどう日本を侵略するのか」を今読み返していますが、2017年秋の今、少しも古くなっていません。全て現在の問題です。曰く;
① 中国の禍から逃げるアメリカ、耐える日本、
② 同盟国に無関心、無責任なアメリカ、
③ 日本に核シェアーを許さないアメリカ、
④ 笑うべき中国の対北経済制裁
⑤ 日本の独自外交をブロックするアメリカ、
⑥ 反共より反日を選んだ米英、
⑦ 日本は中国や北を目の前に置き乍らアメリカ頼りで自分からは何もせず、一方でアメリカは日本をすでに突き放している。突き放しながら縛りつけて自由な行動を許さない。技術大国日本が大型航空機を許されず、防衛も武器も米国に依存、国内130か所以上の米軍基地、米国債の強制購入という対米従属の宿痾

パイすなわち資源の争奪をめぐる争いが国家間の戦争でしたが、嘗ては領土という空間をめぐって目に見える軍事力で、いまは武器を使用せず情報による歴史戦で、米国は背後に隠れ、中国、南北朝鮮の反日国家が日本人を精神的奴隷化すべく躍起になっている。元首、首相に靖国を参拝させず、日本軍人の名誉を貶め、日本国民の信仰の根幹を破壊されることは軍事的敗北以上に深刻な事態であるということを、①-⑦の現実とともに、政界、官界、学界、財界全ての日本人は考えない、考えたがらない、つまり目を背け、直視しない、という西尾先生の診断に、極く少数の愛国者以外、要路の人間は誰も応えてきませんでした。

70年前までは米国、戦後は共産中国という我が国に仇なす敵国が日本の頭越しに結託し日本の国益を害する危険への方策を語る政治家も現れません。殆どの日本人が「平和より大切なものはない」と信じる敗北的平和主義者ですので、彼らに選ばれる政治家も総理大臣も、保守も革新も、同じ敗北的平和主義者となるのは自然です。私の親しい友人に「戦争するぐらいなら尖閣は中国に譲れ」という者が数人いますが、これが日本の理系文系知識人の実態です。

そうなれば、西尾先生ご指摘のごとく、“アメリカは戦争だけはしないと既に本音を曝け出してしまっています。そうなると中国の太平洋を二分割したいという野望に対して、アメリカは譲歩し続けるばかりであり、具体的にはアメリカが日本なら日本に対し(略)許されないような妥協をしてくることになる。恐ろしい事態が到来するのではないかと思っていますが、皆さまは如何でしょうか。日本人にとって許されないような条件をアメリカが日本に対して要求してくるということです。我が国は平和でありさえすれば何でも良いという国ですから、これが一番の敵であり我が国の弱点です。そうすると、中国の無理な要求は呑む他ないとアメリカに説得されてしまいます。日本国内もそれに賛成するのではないでしょうか。”

先日の日米共同軍事演習で、米国の巨大な爆撃機を護衛する自衛隊の戦闘機の写真を見ましたが、友軍というよりも子分、アメリカの傭兵なのでしょう。“武器弾薬をはじめ情報の伝達から命令系統まで、アメリカに支配”される現状が最大の防衛問題でありながら、自衛隊関係者も与党政治家も誰もこれに手を付けようとしません。

いま日本もアメリカも、北がグアムにミサイルを飛ばすと宣言して以来大騒ぎです。ミサイルが通過する県では、その時身を隠す訓練、防空壕建設、パトリオット配備の要求などが始まりました。しかしこれら全て有効ではありません。敵に立ち向かうのではなく、逃げる、受け身で守るという恥ずかしく醜い対応であるという感覚もありません。最も有効で適切な対策は発射基地を撃滅することであり、これも西尾先生が早くから指摘されていました。最近では小野寺防衛相が口にしていますが、口先だけで、真剣に検討している気配はなく、日本政府の選択肢になっていません。

なぜこのような腐り果てた日本になったのでしょうか。周到なWGIPの洗脳工作が始まりであることは間違いないのですが、それを70年も受け継ぎ、撥ね返せないのは矢張り横並びの同調精神、阿諛追従という日本人の国民性に原因があるとしか思えません。対米従属を永久化するためにWGIPは始めからこれに付け込み目論んだのでしょう。

慰安婦問題も南京問題も、西尾先生の主張されるように、政府間で大論争すれば決客のつくことです。真実がこちらにあるのに、反論しないという不作為からして卑怯なのですが、やれば勝てるのに、正面から論陣を張って敵を論破する気概と能力をもつ政治家が居ないのです。先ず国内の敵を論争で破る必要がありますが、それをやる勇気のある政治家が居ないのです。

しかしこの勇気や気概や能力の無い者に政治家の資格があるでしょうか?中韓の連中はウソを立派に本当のごとく主張して国際社会で胸を張ってまかり通っています。日本の連中は下を向いてコソコソつまらない論理の通らない主張をして、国連などで負け続けています。日本国民として恥ずかしく思います。

先日、河野太郎外相が「大国の振舞」を王毅に説いたなどと吹聴し称揚する向きもありますが、公開されたあの対談全体をみれば明らかに子ども扱いされ侮蔑されながら、反論しないまま終わっています。これは世襲政治家の弊害を端的に示した具体例でしょう。安倍晋三を筆頭に、麻生、岸田、小泉、森、後藤田、船田、保岡、村上、中山、鳩山、橋本などなどの与党政治家によって日本が確実に劣化し衰退しました。どんな仕事でも成否は結局人が握ります。彼らは自分の当選と派閥での成り上りが仕事であり、人間関係の好き嫌いや阿諛追従のなかで生活し、国家の行く末や国民の繁栄や幸福などには関心はないのでしょう。もしあれば誰かが何かに声をあげるはずです。しかし聞こえてくるのは、例えば、「自民党は何十年も慎重に憲法改正を審議してきた」などの戯けた声です。何十年もの怠惰と無力を自慢する声です。

中国を共産党一党独裁から解放し、日本の指導で民主化することを企図する政治家も与野党に一人もいません。情けないことに劉暁波を救出する声も日本からは挙がらず日本の真の友人を見殺しにしてしまいした。

抑々国は強くなければ国際社会で馬鹿にされるという、あの白豚でさえ知る単純な真理さえ彼らは知らないようです。強い国家になるには軍事力が必要要件であって、核を持つ軍備が無ければ国際的発言力を確保できず資源を奪われるということにさえ頭が働かないようです。」

 

 お知らせ: 保守も革新も無党派層の人も辺野古へ行こう!
海兵隊が沖縄に駐留する軍事的必然性はない!
新基地ができると、日本の真の独立は200年遅れるぞ!
毎日無料高速バスが出ています:参加費はカンパのみ
月曜日 午前9時発 平和市民連絡会
火曜日 午前9時発 オール沖縄那覇の会
水曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
木曜日 午前9時発 平和市民連絡会
金曜日 午前9時発 平和市民連絡会
土曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
 (いずれも県庁前広場発:受付8時半〜)

沖縄の似非保守・我那覇真子が靖国神社で吠えた?

軽い鉄砲玉、我那覇真子終戦記念日靖国神社で演説した。例のごとく、実に勇ましい内容の薄っぺらな演説であった。戦後日本の堕落した風潮を指摘して、靖国に眠る英霊に申し訳ない、と健気にも涙ながらに聴衆に訴えたのである。そして、英霊を2度死なすわけにはいかない、とも強調した。英霊が今の日本を見たら、きっと嘆くに違いない、という意味でそう言ったのだろう。言っていることは、保守運動家の言動として最もらしいのだが、彼女が沖縄出身であると思うと、やはり、強い違和感を覚える。というのも、真子ちゃんは沖縄の米軍駐留容認派だからである。現在進行中の辺野古新基地建設にも賛成している。辺野古新基地建設に反対している人たちは、左翼であり、地元の人間は少なく、ほとんど本土から来た人間であり、その3割近くは朝鮮人活動家である、などととんでもないデマを激しい口調で宣伝し続けている。ぼくは何度も辺野古へ行き、実際に反対闘争に参加して来たから、彼女の主張が全くのデマにすぎないことを知っている。デマを流してまで彼女が、辺野古新基地建設に賛成し、在沖米軍に感謝する理由は何か?彼女には明確な国防の国家理念がないのがその最大の理由だ。かつての敵国米国の軍隊が戦後居座り続ける現実に、彼女は少しの疑問も感じていないようだ。真の保守なら、何よりもまず自主防衛を主張するのは当然のことだろう。東京では勇ましい言動を展開する自称保守連中が、沖縄の基地問題に言及する時、急に日和って在沖米軍礼賛へと豹変する姿を、ぼくは嫌という程見て来た。水島総百田尚樹竹田恒泰、その他大勢。しかし、彼らは沖縄が歩んで来た歴史と実情に疎い本土の人間だ。我那覇真子は違う。血筋からすると、生粋の沖縄人である。にもかかわらず、彼女が沖縄の苦難の歴史について語ることはない。沖縄の言論界の偏向を訴えるべく、彼女は盛んに本土各地で講演をこなしているが、その中で次のように話したことがあった。

「いつも沖縄県民は取り残されている。基地の問題でも、沖縄の人は誰も文句を言っていないのに、よそからやってきた人たちが割って入ったり情報をゆがめたりして、問題でないものを勝手に問題にしている」

基地問題で沖縄の人は誰も文句を言っていない?よそからやって来た人たちが問題でないものを勝手に問題にしている?とんでもない。全くのデタラメだ。県民の7割は辺野古新基地建設に反対している。彼女のこのような言動こそが偏向しているのではないか。新報・タイムスを正すなどと大見得をきる前に、自身の偏向言動を正すのが先ではないか。

彼女の軸足は本土の側にある。そしてその保守思想は沖縄に根ざすものではない。そうであるからこそ、沖縄が歩んできた苦難の歴史を深く考えることもなく、沖縄の人々を貶める発言を繰り返して恥じることがないのだ。「英霊を2度死なすわけにはいかない」と靖国で大見得を切った我那覇真子は、沖縄では英霊を無邪気にも、2度殺すようなことを平気でやっている。祖国防衛のために沖縄戦で命を散らした多くの英霊に、嘗ての敵国米国の軍隊が駐留し続ける現状がどう映っているか、その無念を思う時、胸が張り裂ける思いがするのは、決してぼくだけではないだろう。しかし、我那覇真子は違う。彼女は在沖米軍を積極的に容認している。沖縄の地に眠る英霊の無念に想像力が及ぶことがない。標準的な保守思想を展開したところで、その実態は似非に過ぎないことを、自ら表明しているようなものだ。本土に軸足をおく沖縄の似非保守、我那覇真子ちゃん。沖縄の歴史に疎い本土の保守層は、若い沖縄出身の女性の勇ましい発言に喝采を送ることだろう。しかし、ぼくには、彼らも似非保守にしか見えないのだ。真の保守なら国防100年の大計を立て、米国従属を脱して、自主防衛を堂々と主張すべきではないか。現状においてすら、安全保障を少し研究すれば、海兵隊が沖縄に駐留する軍事的必然性がないことは明らかである。

 

 お知らせ: 保守も革新も無党派層の人も辺野古へ行こう!
海兵隊が沖縄に駐留する軍事的必然性はない!
新基地ができると、日本の真の独立は200年遅れるぞ!
毎日無料高速バスが出ています:参加費はカンパのみ
月曜日 午前9時発 平和市民連絡会
火曜日 午前9時発 オール沖縄那覇の会
水曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
木曜日 午前9時発 平和市民連絡会
金曜日 午前9時発 平和市民連絡会
土曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
 (いずれも県庁前広場発:受付8時半〜)

 

 

 

 

 

橋下徹には失望した

橋下x羽鳥の番組での橋下徹の見解には大いに失望した。彼は、安倍首相が提案した憲法9条改正の案に賛成したのだ。つまり、9条の1項と2項を変えずに、新たに3項を加えて自衛隊を明記すると言う案である。彼と安倍首相の関係がどんなものか、ぼくは知らないが、明晰な頭脳の持ち主で、歯に衣を着せぬ物言いをする橋下氏の発言にしては、あまりにも酷いもので、一瞬耳を疑った。日本会議におけるビデオメッセージで表明した安倍首相の改正案に対しては、馬渕睦夫氏、竹田恒泰氏が早速、賛意を表明したが、ぼくは自身のブログで両氏を批判した経緯がある。9条の条文を変えないで、自衛隊の存在を明記するということは、完全な矛盾である、と指摘したのだ。

第九条

1 日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

中学生でも、この条文を読めば、自衛隊憲法違反だと考えるだろう。下手な理屈をつけて自衛隊が合憲だと無理な解釈をするのは、頭の悪い政治家だけだ。そして、これらの条文をそのままにして、3項を設けて、自衛隊の存在を明記すると言うから、あまりな無神経の恐ろしさに体の震えが止まらない。嘘の上塗りをして、さらに厚いペンキを塗るというのだから、その悪ふざけた精神構造を疑うばかりだ。ちなみにぼくの改正案は次の通り。

第九条

1 国防を目的として、国軍を保有する。

2 他国への侵略は、これを行使しない。

安倍首相は、このくらいのことは真正面から堂々と国民に訴えるべきだろう。しかし、本心ではそう思っているに違いないとしても、そうはしないだろう。支持率が下がると、簡単に信念を曲げるいい加減な性格の持ち主だからだ。一国の総理大臣の責任がどれほど巨大で重いものであるか、安倍晋三は少しも自覚していない。さて、橋下氏はさらに、同番組で沖縄の基地問題について、驚くべき発言をしている。沖縄の現在の米軍基地の過重負担に対しては、本土側の人間としては、申し訳ないが沖縄県に負担をお願いせざるを得ない、その理由は、本土側のどの自治体も基地の受け入れを拒否しているからだ、と前置きして、沖縄が過重負担を無くしたいと思うのならば、国会で多数派を形成しなければ不可能である、と述べたのだ。この発言には驚嘆すると同時に、橋下氏の安全保障に対する思考能力の限界を感じた。沖縄選出の国会議員がどんなに頑張ったところで、国会の過半数を制することは、ほとんど不可能に近い、というよりも完璧に不可能である。それじゃ、沖縄の主張に同調する政権を誕生させれば良いではないか。まさに民主党政権がそうだった。鳩山総理は、普天間飛行場移設は「できれば国外、少なくとも県外」を公約に掲げた。しかし、国会で圧倒的多数を制した民主党政権ですら、最後は現状維持の辺野古移設に戻らざるを得なかったのである。これは何を意味しているか。国会で多数派を形成したからといって、内閣に実力がなければ、沖縄の基地問題は解決不可能である、ということだ。つまり、全ては内閣の実力、覚悟、勇気にかかっているということだ。日本の安全保障を真剣に考え、100年の大計を立て、独立国家の面目を保つ強力な内閣が誕生しない限り、米国従属の政治を終わらせることは不可能である。その意味でぼくは、辺野古闘争は日本の将来を占う歴史的闘争になる、と言って憚らないのである。奇しくも今日は、終戦記念日だ。安倍首相は、靖国参拝をしたくても、しないだろう。いや、できないだろう。終戦記念日に、我が国の英霊に対し、堂々と威厳を持って参拝できない人間は、日本の総理大臣としての資格はない。そんな安倍首相の政策に同調する橋下徹には、完全に失望した。

 

  お知らせ: 保守も革新も無党派層の人も辺野古へ行こう!
海兵隊が沖縄に駐留する軍事的必然性はない!
新基地ができると、日本の真の独立は200年遅れるぞ!
毎日無料高速バスが出ています:参加費はカンパのみ
月曜日 午前9時発 平和市民連絡会
火曜日 午前9時発 オール沖縄那覇の会
水曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
木曜日 午前9時発 平和市民連絡会
金曜日 午前9時発 平和市民連絡会
土曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
 (いずれも県庁前広場発:受付8時半〜)

 

 

 

 

 

 

 

 

『経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか』

VFP(ヴェテランズ・フォー・ピース)の年次総会が、シカゴで開かれ、12日の全体会議で、琉球沖縄国際支部ダグラス・ラミス会長)が提案した、「名護市辺野古や東村高江での米軍基地建設に反対する決議案」が全会一致で可決された。この記事を報じた今朝の琉球新報に、他のメンバーと並んで座っている、温和な表情をしたラミス氏の写真が掲載されている。渡航資金を募るカンパに苦労している様子だったが、果たして十分集まっただろうか、少し気になるところである。ラミス氏がなぜ平和運動に力を注ぐようになったか、詳しい経緯は知らないが、沖縄県民に寄り添って、辺野古新基地建設反対の声を米国に伝えてくれるのは大変ありがたいし、感謝すべきだろう。ラミス氏には多くの著作がある。その中の一冊『経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか』をぼくは最近、読んだことがある。経済成長とは何か、に焦点を当てた一種の文明論だと、ぼくは受け止めた。氏の主張に同意できない箇所もあるが、今まで気づかなかった視点で論じているところも多く、その中から示唆に富むと思われる箇所から例をあげると「経済発展は、二十世紀の一番深いところまで根を下ろしたイデオロギーです。けれども、この経済発展のイデオロギーが二十一世紀も同じ迫力で覇権を握り続けるならば、とても大きな災難になるのは間違いありません。だから、このイデオロギーはいったい何「だった」のか、ということを振り返って考えなければならないと思います。(85頁)」「自分の国を発展させる政策という意味では、日本の明治政府のほうが早かった、と言う意見も成り立つ。しかし、世界に対する政策として使い始めたのはトルーマンが最初です。自分の国ではなく、世界中の相対的に金持ちではない国を「発展させる」。それがアメリカの国策であると言い出した。それには、歴史のなかに先例がありません。(92頁)」

世界中の国が血眼になって、経済発展を目指した結果、乗客の知らないうちに氷山に激突して沈没したタイタニックのように、人類の知らない間に地球が破滅するかもしれない、とラミス氏は暗示し、警鐘を鳴らしているのだ。

 

お知らせ: 保守も革新も無党派層の人も辺野古へ行こう!
海兵隊が沖縄に駐留する軍事的必然性はない!
新基地ができると、日本の真の独立は200年遅れるぞ!
毎日無料高速バスが出ています:参加費はカンパのみ
月曜日 午前9時発 平和市民連絡会
火曜日 午前9時発 オール沖縄那覇の会
水曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
木曜日 午前9時発 平和市民連絡会
金曜日 午前9時発 平和市民連絡会
土曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
 (いずれも県庁前広場発:受付8時半〜)