沖縄よ! 群星むりぶし日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

「安倍帰れ!」慰霊の日に想う

土曜日の午後、「れいわ新選組」のポスティング用チラシ千枚が届いた。

街宣の動画で見たのと同じもので、表に12年前の山本太郎の顔写真(初々しい)と「みんなに忖度!」の文字。

裏は「政権取ったらすぐやります!」とあり、8つの緊急政策を取り上げている。

昨日は一人で四ツ折にする作業に勤しんだ。そして今日の午後から予定していた区域をポスティングして廻った。

あっという間に用意した百枚がなくなった。この調子だと追加で申請することになりそうだ。「れいわ新選組」の勢力拡大を真剣に願っているので、楽しくボランティア活動ができる。

昨年の県知事選挙のボランティア活動にも参加したが、あの時も真剣で危機意識がいいように作用し、活動そのものは楽しかった。正義のために動いているんだ、という快感!

よほど気が向かない限りぼくが政治運動に関わることはない。ボランティアという形であれ実際に参加したのは、昨年の県知事選挙が最初で、生まれて初めてのことだ。

そして今回の「れいわ新選組」のボランティア活動への自主的参加。

昨年の県知事選挙同様、ぼくの琴線を激しくかき鳴らす何かがある。巨大な不誠実に対する弱者の怒り。

玉城デニー山本太郎の怒りに、ぼくは共通項を見る。弱者の側に立とう、そして先頭になって戦おう。

両者の正義感と勇気に励まされて心が動き、微力を捧げようという気になったのだ。相手がどんなに強大であっても、やることが理不尽・不条理であるなら戦う他に我々が生き延びる道はないじゃないか。

真剣に楽しく「みんなに忖度!」を参議院選の公示日までポスティングしていくつもりだ。

さて、昨日は慰霊の日だった。

玉城デニー氏が知事となって初めて平和宣言を行い、安倍首相が昨年に続き挨拶文を読み上げた。

玉城知事の平和宣言は、過剰な基地負担の不条理を問い質す実直さがあり、その誠実な言葉は人の心を打たずには置かない。

琉球新報が全文を掲載しているので、是非読まれんことを。

 一方の安倍首相の言葉は、これはもう聞くに値しない代物だ。

この人、本当に日本人なのだろうかと疑いたくなる程、国語力が貧弱だ。下手な文章を棒読みするだけで、聞く人の胸に少しも響かない。

一国の宰相としての威厳もなければ寛容な精神もなく、教養も乏しく、普天間西地区を返還させた自慢話を挿入するという幼稚さ。

普天間西地区返還は20年前の SACO 合意で決まった事項で、安倍内閣の手柄じゃないだろう、ばか者!

今回だけじゃない。国会の答弁でも自分がやったことをなんでも自慢したがるのだ、この大馬鹿野郎は。

彼の言葉はあまりにも地元住民の心を逆撫でするので、居た堪れなくなった参列者から「安倍帰れ!」の怒声が飛び交ったのは当然すぎるほど当然なことなのである。

こんな大馬鹿者が総理大臣を6年以上もやっている日本という極東の衰退途上国家!

しかも安倍内閣の支持率は不支持率を上回っているというこの国の異常さ!

 これ以上何も言いたくない。

推奨サイト 

チョイさんの沖縄日記

海鳴りの島から

うちなーありんくりんTV - YouTube

Osprey Fuan Club ねとうよ対策課 

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」

れいわ新選組

 

 

緊縮財政派と積極財政派の仁義なき戦い

今から約8年前、ぼくは東京で暮らしていた。午後、外出しようとしたら突然マンションが大きく揺れた。

沖縄に比べると東京は地震が多い。慣れているつもりだったが、これまで経験したものよりはるかに巨大で、建物が完全に崩落するのではないかと恐怖を覚えるほど激しく揺れた。

東北大震災。

生まれて初めて経験する巨大地震。そして映画でしか見たことのない巨大津波。これだけでも想像を絶する光景なのに、福島の原子炉爆発が追い打ちをかける。

いったいこの国はどうなっていくのだろう?

心身が凍りつく不安な日々がはじまった。ひと月後、ぼくはふるさと沖縄に帰っていた。職場の同僚が言った言葉が今も耳に残っている。「帰れる故郷のある人はいいね」

それでも後ろめたい気持ちは少しもなかった。危険な場所から逃げてなぜ悪い。

しかし、東京を含む東北周辺の人々は、この先も同じ場所で生きていかなければならないのだ。当然それなりの覚悟が必要になる。その中に覚悟を決めて不条理に立ち向かう決心をした人間がいた。

山本太郎

若い一人の芸能人の目に、原子炉爆発がどう映ったか? 優先順位の第一は人々を被曝から保護することのはずだが、政治も企業もやっていることは保身にしか見えない。

山本氏はこの矛盾の正体を突き止めるために、積極果敢に行動を開始する。真実を言うと都合の悪くなる人々がいる。それが原因で山本太郎は芸能界を辞めざるを得なくなった。

山本太郎氏が政治を志す直接のきっかけとなったのは福島の原子炉爆発であったという事実を、ぼくは知らなかった。

下の動画は、山本氏が参議院議員に当選して間も無く取られたインタビューである。

このインタビューを見ると、山本氏の初心が少しも色褪せることなく、現在まで続いていることがわかる。

当選回数を重ねるごとに初心を忘れて保身に走る政治家が多い中で、山本氏のこの真っ直ぐな性格に惜しみない拍手を送りたい。

www.youtube.com

「新党 今はひとり」で出馬して参議院議員に当選。この時からすでに山本氏の政治目標、政治理念は明確だった。

国民のために働く。

当たり前のようだがこの国の政治家たちは違う。自民党経団連に忖度し、リベラル政党は労働団体に忖度する。決して国民全体に対してではない。

6年間の政治活動で山本議員は猛勉強して多くのことを身につけた。彼の動画をずっと追いかけている人間には分かる。

令和の新しい御世に、国民のために働くとはどういうことか? その結論が積極財政による「8つの緊急政策」である。

バブル崩壊の後、橋本政権は消費税を3%から5%へ引き上げた。これが直接の要因となり日本は地獄のデフレスパイラルへと落ち込む。

以来22年間、世界の主要国で経済成長率も賃金上昇率も最低のゼロ成長国家となった。

その原因ははっきりしている。政府の緊縮財政策である。国民の生活を底上げするような投資をしないばかりか、消費税を上げて(安倍政権は5%から8%へ引き上げ、10月に10%引き上げ確定!)国民の生活を余計に苦しくする。

この犯罪的な経済失策が続けば、明らかに我が国は衰退を極め取り返しのきかない底なし沼に陥ってしまう。

そうさせない為には、真逆の積極財政を実行する必要がある。その為に立ち上がったのが山本太郎議員率いる「れいわ新選組」であり、三橋貴明氏が提唱する「令和の政策ピボット」だ。

いずれも政府による積極財政出動によるデフレ経済脱却を訴えている。

しかし現在のところ圧倒的に緊縮財政派が多数を占めて有利な状態にある。安倍内閣財務省経団連、御用学者の面々、そしてあろうことか労働組合の連合までもが消費税10%への引き上げを政府に要請したというのだからたまらない。

やるかやられるか、生きるか死ぬか。すでに仁義なき戦いは始まっているのだ。いうまでもなく我々が立つべき場所は、「れいわ新選組」と「令和の政策ピボット」の側である。

 

推奨サイト 

チョイさんの沖縄日記

海鳴りの島から

うちなーありんくりんTV - YouTube

Osprey Fuan Club ねとうよ対策課 

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」

れいわ新選組

 

 

 

山本太郎の国防と天皇制についての感想

れいわ新選組山本太郎代表の街宣を伝える動画が途絶えて不審に思っていたところ、久し振りに15日に浜松市でおこなわれたものを見ることができた。

8つの緊急政策を中心に話を進める姿勢は従来通りだが、室内で行われたことも関係したのか、聴衆の質問も多岐に渡ったようだ。

それに対する山本代表の応答は期待以上のもので、彼がいかに日頃から様々な課題に関心を寄せてきたかが理解できる。

そしてこの日の質疑応答で注目すべきことが二つあった。

ひとつは、ある男性の国防に対する山本氏の見解を質すものだが、ぼくも国防については強い関心があり、山本氏の応答に注目した。

山本氏の見解は簡単明瞭だ。

専守防衛に徹すること  ② 米国が行う戦争には参加しない ③ 災害救助目的でのみ自衛隊を国外に派遣して世界に貢献する

いかにも簡単明瞭すぎるきらいはある。自衛隊の規模と憲法との整合性、国軍に格上げするのかどうなのか、日米安全保障条約の将来における展望など議論すべき課題は数多いが、そこまでの言及はなかった。

限られた時間で余裕がなかったせいもあるだろうが、いずれ詳しい見解が聞けるものと期待しつつも、山本氏の考えに今のところ基本的に賛成だとだけ述べておきたい。

もうひとつは女性の質問で天皇制についてどう思うか、というものであった。政党名に元号を使うのはどうなのか、とも聞いてきた。

恐らく質問した女性はリベラル思想の強い人ではないかと思われる。対する山本氏の答えは、実に軽妙洒脱なもので面白く、思わずプッと吹き出してしまった。

私は陛下にラブレターを渡したものですよと言えば全部終わるのかなと思うんですけど・・・

山本太郎議員の陛下へのラブレター。

2013年10月31日に催された秋の園遊会で、参議院議員に当選したばかりの初々しい山本議員が、福島の原発事故の現状を訴えるため、陛下に手紙を直接渡したことがあった。

手紙は侍従長が預かることになったが、この出来事は政界だけでなく大きな社会問題になる。あらゆる方向から山本議員を非難罵倒する声が集中したのである。

山本太郎と陛下への手紙 - Google 検索

ぼくもニュースであの時の映像を見た記憶があるが、若い山本議員のかしこまった表情と、手を差し伸べて手紙を受け取ろうとする天皇陛下の嬉しいような困惑したような表情が印象として残っている。

記者の取材に対して当時の山本議員は次のように答えている。

原発事故での子供達の被曝や事故収束作業員の劣悪な労働環境の現状を知って欲しかった・・常識的には失礼にあたるかもしれないと思ったが、禁じられているとは聞いていなかった・・陛下を政治利用したことにはあたらないが、どうレッテルを貼ってもらっても結構だ

あれから約6年が経過して、自分の行動を総括した山本議員の天皇制に対する見解は、質問者に対する次のような応答を見ると明快である。

私自身も助けていただいています。お手紙を渡したあとに銃弾が送られてきました。銃弾が送られたことに対して、陛下は山本の身の安全を憂えている、という意味のことをおっしゃられた

その後、山本議員を追いかけていた黒いバスは来なくなったという。山本議員がどこへ行くにも「ターちゃん、ターちゃん」とマイクで呼びながら追っかけ回していたらしい。それが陛下のお言葉の後来なくなった。

天皇制を狂信する右翼なんてたかだかこんなものだ。

山本議員の話からはっきりするのは、彼は極めて常識的に物事を考えるということだ。

天皇制をどう思うかと問う質問に対して、少しも観念的な思考に陥ることなく、決して背伸びするわけでもなく、現実に即した見方をする。

政治家に限らず、すべての人間にとって精神の柔軟性は極めて重要な要素だ。山本議員がこれだけの応答ができるというのは、彼の頭脳がどれだけ既成観念にとらわれない柔軟性に満ちているかの証明でもある。

これからの日本を引っ張っていく資質を持つ山本太郎が率いるれいわ新選組のメンバーを出来るだけ数多く国会に送るために応援を惜しまないつもりだ。

沖縄でいつ街宣をやるか情報がなかなか来ないので、ポスティング用のチラシを千枚、ホームページにつないで注文した。様子を見ながら追加注文をすることになるだろう。

当ブログをご覧の方で沖縄在住の方がいたら、れいわ新選組のポスティング用チラシを是非注文して配布していただきたい。

そうだ、忘れていた。政党名に元号を使うことに疑問を呈した女性に対する山本議員の応答のひとつは、図に描かれた猫の肉球をみてください、だった。 

古い上着よさようなら、古い政治よさようなら!!


れいわ新選組代表 山本太郎街頭演説 2019年6月15日 浜松市

 

推奨サイト 

チョイさんの沖縄日記

海鳴りの島から

うちなーありんくりんTV - YouTube

Osprey Fuan Club ねとうよ対策課 

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」

れいわ新選組

 

 

安倍晋三の外交能力はゼロ、否マイナスだ

「シンゾーしかいない」

来日したトランプ大統領の要請を受けて、安倍首相はイラン訪問を決意した。無二の親友ドナルドの要請を断るわけにはいかない。環境整備を図るために、中東諸国の首脳級に相次いで電話をかけた。 

6月8日の産経新聞の記事は、「現職首相のイラン訪問は昭和53年の福田赳夫氏以来、約41年ぶり」などと持ち上げているが、期待を大きく裏切る無残な結果に終わった。

イランの最高指導者ハメイニ氏との会談の折、ホルムズ海峡を航行していたタンカーが何者かによって攻撃された。日本の会社が運用するタンカーだから、事件を知った安倍は絶句したに違いない。 この事件をGuardian紙が詳しく報じた。

The incidents also added to security fears over oil tankers travelling through the strait of Hormuz - a chokepoint for the global oil and gas trade - and appeared to have ended a Japanese - led mediation effort between Tehran and Washington.

この事件で、日本によるイランと米国の仲裁は失敗に終わった。

The incident took place on a day when iran's supreme leader, Anatollah Ali  Khamenei, bluntly rejected the proposal of a resumption of US - Iranian talks, as suggested by Japan's prime minister, Shinzo Abe, on a visit to Tehran. Abe widely thought to have the blessing of Donald Trump in offering to open a channel of communication between the US and Iranian leaders.

But after Khamenei's rejection and the tanker attacks, the US president followed suit, posting a tweet saying: " I personally feel that it is too soon to even think about making a deal. They are not ready, and neither are we ! "

事件が起きたのは、イランの最高指導者ハメイニ氏が、安倍首相の提案、米国とイランの対話再開をあからさまに拒否した日だった!

対するトランプ氏のツイートは全く他人事のようだ。「取引するには早過ぎた。彼らも我々も準備が足りなかったのだ

Khamenei dismissed the notion of talks with the US, saying in a series tweets : " I do not consider Trump as a person worth exchanging any message with and I have no answer for him, nor will I respond to him in the  future. "

He said Iran had no plan to build nuclear weapons, but if it wished to do so, the US would be unable to stop it. Pompeo said the attacks on the tankaers were intended as an insult to the Japanese leader. " Iran's supreme leader rejected Abe's diplpmacy today by saying he has no response to President Trump and will not answer " he said.

ポンペオ氏曰く、タンカーへの攻撃は日本の首相を侮辱する目的で成されたものだ。

ガーディアンの記事から浮かび上がってくるのは、安倍首相に仲介役を依頼した米政権のよそよそしい態度と、イランと米国に挟まれてなす術を知らない可哀想な日本の指導者の姿である。

ハメイニ氏に拒否される前のロウハニ大統領と安倍首相の共同会見の模様を産経新聞が報じている。

その中で安倍首相は次のように述べている。

ここまでの道のりは長かった。でも、ここからの道のりは広くて見晴らしの良い、景色の良い道になるはずだと私は確信しています。

しかし、現実は小説よりも奇なり。

その後、最高指導者ハメイニ氏に仲裁案をあからさま(bluntly)に拒否され、さらに日本のタンカーが攻撃を受けるという、これ以上考えられないような屈辱を浴びせられたのだ。

まるでイランと米国が共同でシナリオを書き、安倍がまんまとそれと知らずに罠にはまった。勿論ありえない話だが、ほんとうだとしても、ちっともおかしくない気がするから不思議だ。

泣きっ面に蜂の安倍晋三。19日には党首討論が予定されているらしい。今回の屈辱から何の教訓も得ず、相変わらず質問の核心をはぐらかし、空威張りする子供のような姿を見るのかと思うと気が重くなる。

さらに恐ろしいことは、安倍内閣の支持率が4割以上あるという信じられないような現実だ。この国はもう終わっているのかも知れない。

推奨サイト 

チョイさんの沖縄日記

海鳴りの島から

うちなーありんくりんTV - YouTube

Osprey Fuan Club ねとうよ対策課 

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」

れいわ新選組

 

 

保守か左翼リベラルかと問う議論の不毛性

六月二日、新潟駅前で「れいわ新選組山本太郎代表の街宣があった。

その時、聴衆の一人である女性と山本代表の間で、注目すべき応答が交わされた。女性は質問というよりも、次のような興味深い提案をしたのである。

保守思想の方を一人でも(候補者に)入れて欲しいなと思っているんです

それに対する山本代表の答えは、あらまし次のようなものだった。

僕を左翼と呼ぶ人がいるが、左とか右とかは私の人生の中でキーワードではなかった。僕の中でそんなことはどうでもいいことで、勝手にカテゴライズしないで欲しい。はっきり言って、僕はフリースタイルなんですよ。

山本代表が応える姿勢に深刻な様子は少しもない。むしろ明るい雰囲気で余裕すら感じられた。ぼくは、山本氏の答えに共感を覚える。

今の日本で、保守かリベラルか、左翼か右翼か、という仕分け論争ほど不毛なものはない。なぜ不毛と言えるか、具体的事例を見るとはっきりする。

例えばチャンネル桜水島総氏。

彼は保守を自認しているが、沖縄に来ると辺野古米軍基地建設(進行中)を容認する態度をとり、辺野古の現場まで足を運んで反対派に説教を垂れる、ということをここ数年の間、毎年繰り返している。

外国の軍隊の駐留を認める保守とは、一体如何なるものだろうか?水島氏が似非保守に過ぎないことは、はっきりしている。付け加えると、彼は東京では「自主防衛論」者だ。

社長がこんな体たらくだから、沖縄支局「沖縄の声」のキャスターが全員似非保守なのは当然である。彼らは在沖米軍大万歳なのだ。

一方のリベラルはどうか?

例えば乗松聡子女史。

彼女は辺野古米軍基地建設には反対で、そのために様々な活動をしている。そのことに対して、ぼくは敬意を表する者だが、しかし、彼女は「天皇制」に反対である。

反対というような軽いものではない。皇室を貶める論陣を張っているのだ!

保守の水島氏とリベラルの乗松女史。

例として二人を挙げたが、今の日本の保守とリベラルを考えた場合、その姿勢の度合いの濃淡を別にすれば、殆どが似たり寄ったりだ。

この現実に鋭いメスを入れ、その形態を明快且つ的確に定義した人がいる。鬼才・佐藤健志氏だ。

右の売国、左の亡国

同名の佐藤氏の著書を是非購読されるよう推薦したい。日本人なら誰一人、売国者になってはならないし、亡国者になってはならないはずである。

真にこの国に生きる人々を愛するなら、保守派かリベラル派か、などと自らあるいは他者を分類することほど不毛なことはない。

れいわ新選組」が提唱する「8つの緊急政策」を実現させるためには、左も右も関係ないのだ。

山本太郎議員が言うように、左・右に関係なくこの国に生きる人々を救うために真剣に取り組む人々が、幅広い層から結集することが大事なのである。

右の売国、左の亡国にならないためにも。

下の動画の13分経過した頃にある女性の提案に対する山本代表が答える場面があるので、興味のある方は是非ご覧頂きたい。


れいわ新選組代表 山本太郎 街頭演説 新潟駅万代口② #山本太郎 #れいわ新選組

 

 

この国が集団自殺に追い込まれないために

 

今日の午後、近くの郵便局で「れいわ新選組」へ寄付金を送金した。

これで2回目。あとひと押しで一万円。来月の参議院選挙(衆参ダブル?)の告示日迄には一番上の目標額10億に達して欲しい。

昨日は、相模大野駅前で山本太郎代表の街宣があった。動画を見るたびに感じることだが、「れいわ新選組」が大ブレークする予感がして仕方がないのだ。

何と言っても山本太郎の人間的魅力が大きい。誠実で親しみが持てる。よく勉強している。正義感が強い。勇気もある。ユーモアのセンスがある。人を惹きつける演説ができる。

彼のような指導者の出現を多くの人々が待ち望んでいたのではなかろうか。たった一人で「れいわ新選組」を立ち上げて、全国を駆け回って街宣で政策を訴える。

そして聴衆のどのような質問にも真摯に答える。このような政治活動を実践した政治家が今迄いただろうか。並みの政治家だと、そのリスクに尻込みするのがオチだろう。

答えに窮する情けない姿を大衆の面前に晒したら、自身の経歴に傷がつき、次の選挙が危うくなる。保身の意識が強いほとんどの政治家にそんな勇気などない。

しかし、山本議員はそれぞれの質問に対して、期待以上の答え方をする。膨大なデータの蓄積と思考に柔軟性がなければなし得ないことだ。

6年間の国会活動で山本議員は、この国の病巣を突き止めて、どうすればそこから回復できるか、その処方箋を得る努力を重ねてきたのだ。

その答えが「8つの緊急政策」となって結実した。

① 消費税は廃止

② 全国一律!最低賃金1500円「政府が保証」

奨学金政令

④ 公務員増やします

⑤ 一次産業戸別所得補償

⑥ 「トンデモ法」の一括見直し・廃止

辺野古新基地建設中止

原発即時禁止・被曝させない

れいわ新選組」のホームページの政策欄を見ると、各政策に詳しい解説がついているのと、他の政策も載っているので興味のある方は是非ご覧いただきたい。

政策 | れいわ新選組

8つの緊急政策」が実行に移されれば、この国の経済が再生することは間違いない。国民の目に光が射し、人々は自信を取り戻し始めることだろう。

まだ先のこととは言え、参議院選挙が目前に迫ってきた。消費税10%への引き上げを延期ないしは凍結としか言えない野党は、恐らく勝てないだろう。安倍内閣の支持率が安定している現状を考えると、惨敗の可能性すらある。

そうであるなら、本気で本音を語る「れいわ新選組」を多数国会に送り込む以外にこの国を救う道はないはずだ。

れいわ新選組」の国会議員と支持者が増えれば増えるほど、既成政党に大きなプレッシャーをかけることができ、政治に緊張感が生まれ、国民のための政治とは何かが改めて真剣に問い直されることになるだろう。

遠い道のりだが、「坂の上の雲」に至る道筋を示してくれた山本太郎率いる「れいわ新選組」を最大限応援しよう。

 

 

 

『令和の政策ピボット』へ賛同者登録をしよう!

三橋貴明氏が主宰する政策集団『令和の政策ピボット』が賛同者を募っている。

現在のところ17387名が登録しているが、その内、沖縄県からも181名の登録者がいる。意外に多い。

ぼくも、今日登録した。三橋氏の言動にずっと注目し、その政策を検討してきた結果である。

登録は簡単だ。名前と県名を記入するだけでよい。一人でも多くの賛同者をと思い、下に登録サイトを載せた。興味のある方は是非ご覧いただきたい。

『令和の政策ピボット』の三大方針

反・緊縮」「反・グローバリズム」「反・構造改革

に沿った具体的政策を政治が実行できるか否かで、日本がこのまま衰退の道を歩むのか、あるいは復活への足掛かりとなるのかが問われる、非常に大きな意味をもつ。

この三大方針に照らすと、安倍内閣が進める諸政策がいかなるものか、はっきりと浮かび上がってくる。

緊縮・グローバリズム構造改革安倍内閣の政治理念である。鮮やか過ぎるほどに令和の政策ピボットと真逆だ。

田中角栄ロッキード事件で葬られた後、緊縮・グローバリズム構造改革を推進する勢力が少しずつ頭を持ち上げ始めた。

バブル崩壊(仕組んだのは一体誰だ?)。その直後、千載一隅の好機とばかり、太平洋の彼方から禿鷹ファンドが一気呵成に日本の金融資産を襲った。

あの時から日本弱体化の幕が切って落とされたのだ。

そして小泉政権の時、緊縮・グローバリズム構造改革路線は決定的となる。日本はデフレスパイラルに陥り、20年間、経済成長しない珍しい国家として現在に至っている。

この国の病の深刻さは、与党・野党問わず、緊縮・グローバリズム構造改革路線を踏襲していることにある。

消費税を10%へ引き上げる決定を下したのは、民主党政権の時だ。TPPしかり。政党だけではない。

なんと連合の相原康伸事務局長は、岸田政調会長に対し、消費税の10%への引き上げを着実に実施するよう要請書を手渡した、というのである。

実に恐ろしいことである。この国の政治家も労働組合の幹部も狂っているのだ。だから20年間も経済成長しないで、国民は疲弊する一方だ。

今の状況が続くと、日本は確実に死ぬぞ!

死んでは堪らないから、ぼくは『令和の政策ピボット』へ賛同者として登録したのだ。掃いて捨てるほどの評論家がいる今の世で、日本を救う政策を訴えているのは『令和の政策ピボット』だけである。

そしてその政策を理論的支柱として、政治活動を展開している山本太郎議員の『れいわ新撰組』も日本救済を訴えている。

山本議員の動画をずっと追いかけて見ているが、寄付金も順調に集まっているようだし、立候補の応募者も100人を超えたらしい。

来月の参議院選挙(ダブル選?)で国政のキャスチングボードを握るほどの勢力を『れいわ新撰組』が握れば、必ず今の堕落した政治を変えるきっかけとなる。

『令和の政策ピボット』と『れいわ新撰組の勢力拡大に参加せよ!

推奨サイト 

チョイさんの沖縄日記

海鳴りの島から

うちなーありんくりんTV - YouTube

Osprey Fuan Club うようよ対策課 

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」

https://www.reiwa-shinsengumi.com