読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

危険極まりないトランプ政権

北朝鮮を目指していたはずのカールビンソン航空母艦が、予想以上に遅れている理由がわかった。それは、ホワイトハウス国防省のスタッフとの意思疎通がうまくいっていないからだ。こんな状態で戦争を起こされたら、たまったもんじゃない。予測不能な大混乱を世界中に撒き散らす危険がある。
A US supercarrier deployed to deter North Korea did not reach the Sea of Japan reportedly because White House and Pentagon failed to communicate effectively.
WASHINGTON (Sputnik) — A US supercarrier deployed by President Donald Trump to deter North Korea did not reach the Sea of Japan because White House and Department of Defense officials failed to communicate effectively, media reported.
BBCニュースはもう少し詳しく報道している。
A US aircraft carrier and other warships did not sail towards North Korea - but went in the opposite direction, it has emerged.
The US Navy said on 8 April that the Carl Vinson strike group was travelling to the Korean peninsula amid tensions over Pyongyang's nuclear ambitions.
Last week President Trump said an "armada" was being sent.
But the group was actually farther away over the weekend, moving through the Sunda Strait into the Indian Ocean.
The US military's Pacific Command said on Tuesday that it had cancelled a port visit to Perth, but had completed previously scheduled training with Australia off its northwest coast after departing Singapore on 8 April.
The strike group was now "proceeding to the Western Pacific as ordered".
It is not clear whether the failure to arrive was a deliberate deception, perhaps designed to frighten North Korea's leader Kim Jong-un, a change of plan or simple miscommunication, the BBC's Korea correspondent Stephen Evans says.
このBBC報道によると、カールビンソン打撃群は朝鮮半島を目指していたが、実はインド洋を遊弋していて、シンガポールに向かい、そこからオーストラリアの北西海岸で訓練をしたと言うのだ。直接、朝鮮半島を目指したはずなのに、なぜ紆余曲折しなければならなかったのか、それは作戦変更によるものなのか、それとも単なる意思疎通の誤りなのか、はっきりしないとしている。
トランプ政権ができてわずか3ヶ月、政権内の意思疎通も安定しない状態で、果たして戦争を遂行することが許されるのか、非常に疑問であり、危険極まりない。
何をトランプ大統領はそれほど焦っているのか?世界をとんでもない混乱状態に陥れる可能性が強くなってきた。