沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

安倍・菅に騙された仲井真弘多前知事

2013年12月、仲井真弘多沖縄県知事は、辺野古の埋め立てを承認する直前、政府に対し「普天間飛行場の5年以内の運用停止」を求めた。それを受けて翌年2月に負担軽減推進会議が発足し、5年以内の運用停止が閣議決定された。

遡って計算すると、2019年2月までに普天間飛行場の運用停止が実現する手筈になっている。

あと僅か半年後に迫っているにもかかわらず、運用停止について政府はダンマリを決め込むばかりか、否定的姿勢に終始している。一体どう言うことだろうか? そもそも政府は、普天間飛行場は極めて危険だから辺野古へ移設するのだと言い、辺野古新基地建設の正当性をそこに置いたはずだ。

だから仲井真前知事の要求を渋々受け入れた。ところが、蓋を開けてみると、これがとんでもない食わせ物だったのである。仲井真前知事は、明らかに安倍・菅コンビに騙されたのだ。

翁長県政に代わって、約束を守るよう、県は何度も内閣に申し入れを行ってきた。しかし安倍・菅コンビは頑なに否定的態度をとり続けているのである。理由ははっきりしている。もともと出来もしないことを約束したからだ。その他の理由は考えられない。

翁長知事は辺野古新基地に反対しているからと言う理由づけは、全くの嘘、こじつけにしか過ぎない。

安倍内閣が19年2月までの普天間飛行場閉鎖について、米軍もしくは米政府と具体的交渉を行なった形跡は全く見当たらない。平気で嘘をつく不誠実な内閣、それが安倍政権である。

4年前の知事選挙で仲井真氏を応援した沖縄自民党は大いに反省すべきだろう。そして今こそ覚醒すべきだ。何しろ応援した仲井真氏が安倍・菅コンビにまんまと騙されたのだ。政治家にとってこれ以上の屈辱はないではないか。県民に自明のことが、沖縄自民党に見えない筈がない。目覚めよ、沖縄自民党!安倍・菅コンビに軽々としっぽを振るな!