沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

トランプ大統領、可愛い!

トランプ大統領は何となく憎めないキャラクターの持ち主である。大統領に就任して約一年半、思いついた事を気軽にツイッターに書き込んで、国民に直接訴えるやり方は、歴代の大統領には見られなかった、新鮮で型破りなスタイルだ。

オバマ前大統領と違い、建前の綺麗事を言う優等生の雰囲気がなく、思ったことを遠慮なく本音で語る気さくな性格が、少しづつ国民に受け入れられて支持率の上昇を招いているようだ。予測困難なところは相変わらずだが、しかし、注意深く観察して気付いたことは、就任時に約束した公約を執念深いほど誠実に実行に移していると言う事実である。

たとえ政敵からどんなに反対、非難されようと信念を貫くその一徹さが、国家の指導者に相応しい要素のひとつである以上、多くの国民がそのことを再認識し、賛同に傾いた結果、支持率の上昇をもたらしたのではないか、と思われる。

しかし、利かん気の強いトランプ氏にもアキレス腱があった。メキシコとの国境沿いで、不法入国者の親と子供が引き離されて、子供達が金網で囲われた施設に収容されるという事件が発生した。

この件に関して、トランプ大統領は、あくまでも法律を遵守すると主張して、強硬な態度で臨んだ。しかし当然のことながら、国会議員をはじめ、多くの人権派から強烈なバッシングを受けたのである。これだけなら、トランプ大統領は今まで通りに何とか耐えたかもしれない。違法入国者は厳重に取り締まる、というのは当初からの公約だからだ。

しかし、メラニア夫人と娘のイヴァンカがこの非人道的処置に対して猛烈に反対したのである。大統領と雖も、やはり米国人だ。何よりも家族を大事にすることが最優先事項となるお国柄だ。夫人と娘に折れた大統領は何といったか。

"Ivanka feels very strongly, my wife feels very strongly about it, I feel very strongly about it," the president said. "We are going to keep the families together. I didn't like the sight or the feeling of families being separated." 

そしてついに、不法入国者と雖も、親と子供達を引き離すべきではない、という大統領令にトランプ氏はサインせざるを得なかったのである。いざという時には、やはり女性は強い!トランプ大統領、なんとも可愛いではないか!ついでに負け惜しみを述べることも忘れなかったようだ。

"We're going to have a lot of happy people." 「 多くの人々が幸せになるぞ。」

世界の超大国・米国の大統領のアキレス腱は、何と意外にもメラニア夫人と娘イヴァンカだった。そこでもう一度言いたい。

Mr.President KAWAII ‼︎