沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

恐るべし、金正恩!

熱に浮かされたようにミサイルを打ち上げ、核実験を繰り返す金正恩の行動は、誰の目にも異常としか映らなかった。

彼の目的を理解できない人にとって、彼は精神異常者か悪魔でしかなかった。だからICBMを完成させると、日米主導で世界中が北朝鮮経済制裁をかけて締め上げる手段に出たのは、当然の罰のように思われた。

しかし、金正恩は全てを見通した上で、綿密にシナリオを描き、その通り実行してきたことが、昨日の南北首脳会談で明確になったような気がする。生中継された映像を見る限り、そしてそこに至るこれまでの彼の一連の行動を省みると、そう考えざるを得ないのである。休戦中の朝鮮戦争に終止符を打ち、朝鮮半島を平和的に統一することが、最大の最終目標であるならば、必要なら悪魔の役だって演じてみせよう。

金正恩は、文在寅という意を同じくする、得難い相方を得て、見事にその役を演じ切った。これだけの大芝居を打てる人物を、ぼくは今まで見てきた政治劇で、他に誰一人知らない。テレビで生中継される映像を見て、世界中の人が若き指導者の鮮やかな演技に舌を巻き、目を丸くし、1日経過して、今なお驚きの余韻に浸っているのではないだろうか。

堂々とした態度、ユーモアがあり、親ほど年長の文大統領をリードする強かさ。金正恩、恐るべし!

最終目的に向かって、南北首脳会談という一つの山は、鮮やかな足取りで軽々と越えた。次の大きな山、予測不能トランプ大統領との会談が待っている。予断は許さないが、実現すれば恐らく、金正恩のシナリオ通りにことが運ばれるように思われて仕方がない。

朝鮮半島の非核化とは、同時に在韓米軍の撤退をも意味する。それを条件にした北朝鮮の段階的非核化をトランプ大統領が呑むかどうかに米朝首脳会談の成否がかかっている。

ぼくの予測だと、トランプ大統領は受け容れる、と見る。歴代米大統領が成し得なかった、朝鮮半島の平和の実現に貢献できれば、ノーベル平和賞が授与される可能性は極めて高い。あのオバマが貰ったのに俺が貰えないはずがない。心の中でそう呟くトランプ氏の声が聞こえてきそうだ。

ところで、もう一人肝心の役者はどこに行ったのだ?あれだけ電話で念を押したのに、文在寅の野郎、拉致被害者の「ら」の字も出さなかったじゃないか。一人孤独に歯ぎしりしている我が国の首相、安倍晋三。可哀想に、物事の本質を把握する能力が、ちと弱過ぎる。何故、自国の拉致被害者の救出を他国に頼むのだ?はじめから間違っているのだ。金正恩と直接パイプを作る努力を今まで何かやったことがあるのか?漏れ伝わる情報によると、何もしてこなかったというではないか。

文在寅大統領に依頼し、トランプ大統領に依頼する。これ単なる政治パフォーマンスの売名行為ではないか。拉致被害者を政治的に利用するな!今からでも決して遅くはない、内閣一丸となって火の玉となり、日朝会談を実現するよう平壌へ特使を、今すぐに送り込め!