沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

渡具知候補の「あいまい」戦術に騙されるな

人間は「あいまい」さに弱い。日常生活において、何事も明確にしなければならないとなると、身も心も疲れるだけだろう。だから出来るだけ何事もほどほどに済まそうとする。その方が人間関係もうまくいく。しかし、政治の世界では「あいまい」は時として事態を悪化させる性格があり、一歩間違えると、取り返しの効かない事態を招く恐れさへある。だから政治家は「あいまい」な言動を慎むべきでありやってはいけないのだが、明日投開票される名護市長選で、渡具知候補はこの「あいまい」戦術で辺野古新基地建設という、最も関心の高い問題をあやふやにしている。

海兵隊の県外・国外移転」を政策に入れているにも関わらず、辺野古新基地建設に賛成か、反対か明言しないということは、正に「あいまい」ではないか。「海兵隊の県外・国外移転」そのものは、立派な主張であり、政策である。ならば、海兵隊の基地である辺野古新基地建設に何故反対しないのか、できないのか。

渡具知候補の腹は見え透いている。当選したら、容認するに決まっているのだ。彼は名護市議会議員の間ずっと新基地容認派だった。この事実を見れば、彼の心の中に何があるか、火を見るよりも明らかだ。この様な態度を卑怯・卑劣と呼ぶのだ。

「あいまい」戦術を取る渡具知候補は、名護市長になりたいだけのただの政治屋にすぎない。こんな人物に名護市の行政を任せてはならない。マスコミや若者が企画した公開討論を逃げているのも、稲嶺市長にことごとく論破されるのを恐れているからだ。渡具知陣営は、今朝の琉球新報の一面を使って意見広告を出している。極大文字で「輝く名護市!」と謳っている。辺野古新基地が出来上がると、100機を超えるオスプレーが配備されることを知りながら、敢えて「輝く名護市!」と訴えたいのだろうか。

あまりにも鈍感すぎる。想像力が貧弱だ。オスプレーだけではない。強襲揚陸艦も常備係留されることになる。輝くどころか、名護市はじめ北部全域がさらに危険地帯になり、人々の心は荒んでいくことだろう。だから、渡具知氏ではダメなんだ。「あいまい」さのない稲嶺市長でないといけないのだ。

昨日の県議会は、「あいまい」から程遠い明快な言葉で、普天間基地即時運用停止を、全会一致で決議した。

1.保育園・学校・病院・住宅などの民間地上空での普天間飛行場所属の米軍機の飛行・訓練を直ちに中止すること。

2.政府が約束した2019年2月末日を待たず、直ちに普天間飛行場の運用を停止し、普天間第二小学校の運動場が使用できるようにすること。

3.日米地位協定を抜本的に改定すること。特に「日米地位協定の実施に伴う航空法の特例に関する法律」を廃止し、日本の航空法を遵守すること。

4.在沖米海兵隊を沖縄から早期に国外・県外に移転すること。

与野党の枠を超えて、全会一致で決議したことに大きな意義がある。これぞまさにオール沖縄のあるべき姿だ。名護市民の皆さん、渡具知候補の「あいまい」戦術に乗せられてはいけません。この先、沖縄防衛局は設計変更許可を名護市長に申請することになります。美謝川の切り替え工事は、その中でも大きな案件事項です。稲嶺市長なら当然、認可することはありません。渡具知候補は認可するでしょう。

だから、「あいまい」さのない稲嶺市長でなければならないのです。辺野古新基地建設は、道半ばで必ず頓挫します。政府が断念する時まで、歯を食いしばって、県民全員で頑張りましょう!