沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

名護市長選挙の最大の争点は辺野古新基地問題である

名護市長選挙の最大の争点は辺野古基地問題であるということは、はっきりしている。
しかし、渡具知候補は、選挙戦が始まっても相変わらず、新基地問題から逃げ回っている。稲嶺市長が討論を呼び掛けても、応じようとしない。新基地問題が俎上に乗ると、勝ち目がないことを自覚しているからに他ならない。選挙で堂々と議論しない人間を卑怯者と呼ぶのだ。渡具知候補は、市長になりたいだけで立候補した政治理念なき政治屋に過ぎない。単なる政治屋は、名護市長になる資格はない。政治家として不適格である。このような人間が、名護市議会に席を置いていたこと自体が信じ難い。

海兵隊の県外・国外移転」を政策として掲げるなら、何故はっきりと辺野古新基地建設に反対しないのか。辺野古新基地は海兵隊の基地である。「海兵隊の県外・国外移転」を主張するなら、反対するのが当然だろう。政治姿勢の根本が矛盾しているし、間違っている。「海兵隊の県外・国外移転」は渡具知候補の本心でないのは、はっきりしている。有権者を惑わすために、言っているに過ぎない。なんと下手くそな役者だろうか。なんと不誠実な人間だろうか。よほど頭が悪いに違いない。ぼくはこのような政治家気取りをする人間を、心の底から軽蔑する。新基地問題を論じると勝ち目がないため、「稲嶺市政8年間で名護市の経済は良くなったか、ノーだ」と吠えて、経済問題で稲嶺市政を陥れる戦術を展開している。
沖縄で基地問題が争点になると、決まって繰り返される基地賛成派の経済問題すり替え戦術である。我々県民はこれまで何度、このような基地賛成派の三文オペラを見せつけられてきたことか。このような戦術は、基地経済が大きな比重を占めた頃を考えると、確かにそれなりの効果を発揮したが、しかし、基地経済が県経済全体に占める割合が僅か5%しかない現在、そんな戦術はもはや古い手法で、県民を説得することはできない。近年、県経済は好調を維持している。特に観光の好調ぶりは眼を見張るものがある。いずれ近いうちに1000万人を超える観光客が沖縄を訪れる時代がやって来るだろう。名護市はどうか。稲嶺市政8年間の経済指標は決して悪くない。
財政健全度は県11市で1位。経済成長は2位。一世帯当たりの国保税調定額は県11市で最小(額が小さいほど市民負担は軽い)。
再編交付金を受けないで、これだけの結果を残している事実を見れば、稲嶺市政はよく頑張っていると評価されて良い。名護市有権者の皆さんは、渡具知候補の古くさい経済批判戦術に乗ってはいけない。内容を伴わない単なるコケオドシに過ぎない。完全に無視しようではないか。渡具知候補をなんとか勝たせるために、売国奴政党・自民党と小判鮫公明党は、投票日まで死に物狂いで、あの手この手で振興策をチラつかせて来るだろう。しかし、彼らがちらつかす振興策の札束は、実は我々の税金であることを忘れてはいけない。安倍内閣が汗水流して稼いだ金ではない。国民が納めた血と汗の結晶だ。それを選挙でちらつかせるのは、道義に反することであり、民主主義社会における政権側の権力濫用に他ならない。国民の代表である政権がやることではない。汚い手段を使わないで、正々堂々と政策論争を、名護市民の前でやるべきだろう。
その意味でも、名護市長選挙は、日本の民主主義が後進国並か否かが問われる選挙でもある。
渡具知候補よ、辺野古新基地に賛成か反対か、名護市民の前で堂々と、稲嶺市長と討論せよ。民主主義社会の選挙では当たり前のことではないか。辺野古基地問題は決して小さな問題ではない。

辺野古基地問題は、日本の民主主義と真の独立が問われる国家的大問題である。辺野古新基地が出来上がれば、この先100年日本の真の独立はないと覚悟せねばならないほど、巨大な問題である。