沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

稲嶺市長が勝てば新基地建設は、いずれ頓挫することになる

2月4日投開票される名護市長選が、いよいよ今日告示された。稲嶺進現市長と渡具知武豊氏の一騎打ちだ。両氏の政策を比較すると、内政に関しては、ほとんど違いは見られない。教育子育て・医療福祉・地域経済振興・観光・文化スポーツ振興等、ほとんどが一致している。僅かな違いはあるものの、取り上げて論じるほどのものではない。しかし、決定的に異なる政策がある。
辺野古新基地建設を容認するか否か、である。したがって、この観点から両氏の政策の違いを見る必要があるだろう。稲嶺市長の態度ははっきりしている。八年前、市長に就任した時から反対を表明してきた。そして今回も変わらず反対・阻止を表明している。
渡具知候補はどうか。「裁判を見守る」と言っているだけだ。県が現在、政府に対して岩礁破砕差し止めを訴えて争っている裁判の結果を見守る、と言っているのである。
しかし、有権者の皆さんは、このあやふやで無責任、且つ狡猾な言動に騙されてはならない。何故なら、渡具知候補は、「海兵隊の県外・国外移転」を主張する公明党県本と政策協定を結んでいるからだ。「海兵隊の県外・国外移転」を標榜するなら、辺野古新基地建設に反対してしかるべきだろう。新基地が建設されるキャンプ・シュワブ海兵隊基地だからだ。
明らかに論理が矛盾している。論理的矛盾を平気で政策に掲げるということは、名護市の有権者をバカにしているか、渡具知候補の頭脳が低級か、どちらかである。何れにしても茶番であることに変わりはない。
さらに警戒しなければならないことがある。あやふやで無責任、狡猾な態度の裏には、必ず見過ごすことのできない欺瞞が隠されている、ということだ。つまり、係争中の裁判の結果がどうなろうと、市長に当選したら、渡具知候補は新基地建設を容認するに決まっている、ということである。
渡具知候補は、新基地建設容認派である、と断定すべきだ。名護市議会議員の間、彼は容認派であった。今回の選挙で、態度を曖昧にしたのは、創価学会の票が欲しかったからである。だから公明党県本と政策協定を交わしたのだ。
票を増やすために、政策を不明確にするような人間を名護市長に選んではいけない。渡具知候補が名護市長になれば、名護市だけでなく沖縄の将来に大きな禍根を残すことになるだろう。
さて、駐留米軍を称賛擁護する沖縄の言論人に、誰が名護市長になっても辺野古新基地は完成する、というお馬鹿さんがいるが、彼は何も理解していない。
現在、護岸工事が進行しているが、いずれ設計変更しなければならない時がくる。複数の事案があるが、その中でも美謝川の水路切り替え工事は、名護市長の認可を必要とする大きな事案の一つである。市長が拒否すれば、その時点で工事はストップし、新基地建設そのものが頓挫せざるを得なくなる。
政府はそのことをよく承知しているから、死に物狂いで容認派を応援しているのだ。
稲嶺市長が三選されれば、新たな許可申請は全て拒否するはずであるから、新基地建設は立ち往生することになる。だからなんとしてでも稲嶺市長を当選させなければならないのである。