沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

落選した南城市長・古謝景春はネトウヨ市長だったのか

「Osprey Fuan Club うようよ対策課」

によると、落選した南城市長古謝景春は、なんとネトウヨ市長だった。フェイスブックでデマを流して、デマだとバレるとすぐ消去するということを繰り返していたらしい。

「うようよ対策課」のホームページを見ていただきたいが、なんと当選した瑞慶覧氏が選挙違反したとのデマを流し、それにあの暴力男・依田啓示と、嘘をつく他に能のない沖デマゴン(ボギー手登根)が悪乗りして、拡散するのを手助けしているのだ。これでは落選して当然だろう。特に沖デマゴンが選挙応援すれば、疫病神が取り付くようだから、これから政治を目指す人は、沖デマゴンが自分を応援していないかどうか、十分注意した方が良い。少しでもその兆候があれば、完全にシャットアウトすることだ。君子危うきに近寄らず。

それにしても、古謝景春のような人間が南城市長を3期も務めたなんて、南城市民には災難だったのではないか。しかし、多くの真面目な一般市民は、まさか自分たちの市長がフェイスブックでデマを流していたなんて、ほとんど知らなかったのだろう。知っていれば3期も持つはずがない。

真面目な市民の信頼を裏切るなんて、とんでもない食わせ物野郎だ。県紙2紙が選挙違反したというデマを流して、2紙がその真意をただすと、なんなく謝罪している。しかもこの男は、県市長会会長や全国市長会副会長も務めていたというから、なんといったら良いか、言葉が見つからない。こんな人間は、もう表に出てきてもらいたくない。

どうぞ詳しい内容は「うようよ対策課」をご覧いただきたい。詳しくてなかなか面白いですゾ。そして、できるだけ拡散して欲しい。

恥もなくデマを垂れ流すネトウヨ連中を沖縄から締め出そう。薄汚いネトウヨ連中に天罰を!