沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

売国奴政治家・安倍晋三

安倍首相は、平成二十七年の八月十四日、七十年談話を発表した。似非保守の連中は大いに喜んだが、その内容は惨憺たるもので、安倍晋三がどの程度の政治家であるか、自ら知らしめる結果となった。中学生の作文かと思わせる程度の低い、言葉の軽い、誠意の感じられない拙い文章だが、その中に次のような記述がある。
<(略)こうして、日本は、世界の大勢を見失っていきました。
満州事変、そして国際連盟からの脱退。日本は、次第に、国際社会が壮絶な犠牲の上に築こうとした「新しい国際秩序」への「挑戦者」となっていった。進むべき針路を誤り、戦争への道を進んで行きました。
そして七十年前。日本は、敗戦しました。(略)私たちは、国際秩序への挑戦者となってしまった過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、自由、民主主義、人権といった基本的価値を揺るぎないものとして堅持し、その価値を共有する国々と手を携えて、「積極的平和主義」の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献してまいります。>
左翼が喜びそうな思想である。しかし、これは村山富市元総理の言葉ではない。自民党総裁安倍晋三の七十年談話の中の言葉である。安倍晋三は、総理大臣になる前は、自虐史観からの脱却、戦後レジュームからの脱却を盛んに言っていた。だから「保守の星」として、大いに期待されていたのだ。しかし、このザマである。村山談話の向こうを張ったつもりだろうが、滑稽を通り越して悲惨である。ミイラ取りがミイラになったのである。以後の安倍晋三という政治家はミイラでしかない。いや、鵺的政治家と呼ぶのが正確かもしれない。そんな男が憲法9条の第1、2項を残したまま、新たに設ける第3項に自衛隊を書き込むと言い出した。頭が悪すぎる。嘘に嘘を重ねる欺瞞に気付かない。やはり、鵺的政治家だ。軽い思いつきで国民を危険地帯へ誘導する。拉致被害家族を政治的に利用して恥じることがない。
こんな鵺的政治家に似非保守言論人が嬉々として群がる。「戦後レジュームからの脱却」は、今や売国奴政治家・安倍晋三によって「戦後レジュームの完成」を見るに至った。我が国と米国との関係は、今ほど強固な時代はなかった、とほざくその内実は、米国の支配を積極的に容認し、満足しているということに他ならない。このような精神を売国奴と呼ぶのだ。「ただの戦後青年」にすぎない安倍晋三、今すぐ政治家を辞めろ!