沖縄よ! 群星むりぶし日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

日本の「真の国難」は外交も安全保障も対米追従・従属してきたことにある

APEC で日露首脳会談がおこなわれた。安倍首相は終始上機嫌だったが、プーチン大統領の表情は、心なしか冴えないように見えた。日本のほとんどのマスコミは安倍首相とプーチン大統領の親密さを強調するが、真実ではない。内実は全く違うと言いたい。プーチン大統領の本音は、明らかに安倍首相を軽蔑している。
首脳同士の会談での表情を読み解くと、そうとしか思われない。プーチン大統領習近平主席やトランプ大統領と会談する時の顔の表情は明るい。お互いが自立した政治家としての気概を感じ取ることができるのだ。
しかし、安倍首相と会うときのプーチン大統領の態度はなにかしら違う。再会を喜び、選挙での大勝を祝う言葉は聞かれても、それは単なる外交辞令でしかない。彼の顔の表情には、困惑とちぐはぐな感じが見られるのだ。明らかにプーチン大統領は安倍首相を信用していない。そしてその理由ははっきりしている。日本の国土に戦後ずっと米軍が駐留しているという確たる事実。そして歴代自民党政権同様、安倍首相もその事実を国策として継承しているということ。
継承するどころか、さらに日米関係を米朝戦争を機に強化しているのだ。その危うい蜜月ぶり、従属ぶりは異常なほどだ。プーチン大統領がそれを快く思うはずがない。ロシアと米国は現在、敵対関係にある。米国はロシアに対して、ウクライナ問題で経済制裁を課したままだ。その米国と軍事同盟を結ぶ安倍首相をどうして信用することができようか。
しかし頭の悪いお坊ちゃん気質の安倍首相は、そんなことはおかまいなしでプーチン大統領をウラジミールと気軽に呼ぶ。この無神経さ、軽さは恥ずかしい限りだ。いや、危険でさへある。北方領土が永遠に返還されない可能性を、安倍首相の軽薄さが決定的にしてしまう危険だ。ロシアと敵対関係にある米国の軍隊を駐留させておきながら、北方領土を返還しろとは、いったい安倍晋三という男の脳みそはどうなっているんだ? しかも、北朝鮮とは対話が必要だと表明するプーチン大統領に対し、徹底的な圧力だけを繰り返し主張する安倍首相の馬鹿さ加減。その傲慢さはもはや白痴的でさえある。
安倍晋三よ、北方領土を返してもらいたければ、まず在日米軍基地の撤退が先だ。それが実現したら、真剣に、そして真摯な態度で君の提案を聞こうじゃないか。安倍晋三よ、俺は何も特別な注文をつけているのではない。お互い対等な立場に立って初めて本来のまともな交渉ができるはずじゃないか。どうかね、シンゾウ?
ぼくがプーチン大統領の立場なら、そう言うだろう。強大な米軍を駐留させたまま、北方領土を返還したら、ロシアの極東の安全保障が危うくなることぐらい、義務教育を受けた人間なら誰でもわかる単純な理屈だ。
その単純な理屈を安倍首相はまるで理解していないのだ。戦後72年、外交と安全保障を米国に委ね、平和を貪ってきた我が国は、ついに大きなツケを払わされる時がきたのだ。自主自立精神が全くない売国政党自民党売国政治家・安倍晋三に言いたい。君たちが政権を担う限り、北方領土が返還される可能性はゼロである。