沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

プーチン大統領を日本の総理大臣に!

日本国の指導者として不適格のお坊ちゃん政治家安倍晋三に代えて、プーチン大統領を日本の総理大臣としてお迎えしよう!

多くの国民同様、日本の政治に絶望している朝堂院大覚総裁は200億円くれても良いから、ウラジミール・プーチン氏を日本の総理大臣にすべきだ、と感想を述べている。

ぼくは、プーチン氏が日本の総理大臣になってくれるなら、500億円あげてもそれだけの、いやそれ以上の価値があると考える。まずはプーチン大統領語録から。

ヒトラーはロシアを破壊しようとした。それがどんな最後を迎えたか、誰しも思い出す必要がある”

“ ロシアの人々はこう言う。ソ連崩壊を惜しまないのは心ない人たちだ。だが、惜しむのは頭の足りない人たちだ”
“ 自分が正しいことを証明するためには、時には孤独になる必要がある”

“ われわれはあらゆる場所でテロリストを追うだろう。彼らが空港にいるなら、空港を探す。彼らがトイレにいたなら、そこで消す。以上”
“ 母国を裏切った者が書いた本は読まない”
“ ロシアはいかなる対立も望まない。そしていかなる『神聖同盟』にも参加することはない”
“ ロシアに対して軍事的に優位に立てるとか圧力をかけられるなどという幻想を、誰であれ抱くべきではない。そのような無謀な試みに十分に応えてやる準備はいつでもできている”
“ オオカミは誰を食べればいいか分かっている。誰の意見を聞くこともなく食べる”
“ ロシア社会の現状を考えれば、ロシアがどんな形であれ全体主義国家に向かうことはあり得ない”
人間について知れば知るほど、犬が好きになる”

プーチン大統領は真の愛国者だ。愛国者故に冷酷な面も持つ。上の語録にそのようなプーチン氏の性格がよく表れているのではないだろうか。どのような手段に訴えても、祖国を守るという強烈な意志。

もしプーチン大統領が日本の総理大臣になれば、現在の憲法(占領基本法)を直ちに廃止して、日本の国柄に最適の憲法を制定するだろう。自衛隊を国軍に格上げして、国策を自主防衛路線に切り替え、在日米軍の全面撤退を要求実現させるだろう。勿論、核武装もやってくれるはずだ。

そして、米国債は一切購入しない。これだけのことをやってから、次にロシアと平和条約を締結し、北方領土を全面返還する。これで契約条件は全て実現したことになる。

5年間の契約期間で見事にプーチン総理大臣は、日本国を一人前の国家に仕立て上げた。そして、羽田空港に集まった150万の熱狂的な群衆に見送られて、プーチン氏は日本を後にした。

契約金500億円とボーナス1000億円を懐に、ロシア大統領専用機の小窓から大群衆に手を振るプーチン氏の姿があった。

勿論、冗談だが、絶望の裏返しでこのような実現もしないことを、夢見心地で拙い文章を並べたくなる気分を、誰か察してもらいたい。

安倍晋三、直ちに総理大臣をやめろ!日本のプーチン現れよ!

 

 お知らせ: 保守も革新も無党派層の人も辺野古へ行こう!
海兵隊が沖縄に駐留する軍事的必然性はない!

歴代政権の対米従属を許すな!
新基地ができると、日本の真の独立は200年遅れるぞ!
毎日無料高速バスが出ています:参加費はカンパのみ
月曜日 午前9時発 平和市民連絡会
火曜日 午前9時発 オール沖縄那覇の会
水曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
木曜日 午前9時発 平和市民連絡会
金曜日 午前9時発 平和市民連絡会
土曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
(いずれも県庁前広場発:受付8時半〜)