沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

世界核戦争を抑止するには日本が核武装するしかない

北朝鮮がついに水素爆弾の実験に成功した。各国の反応に違いはあるにしても、今回の実験の成功は、一つの明確な結論を我々に提示したのではないだろうか。ロシアと中国が手を組む限り、日本が北朝鮮の暴走の抑止を米国にどれほど懇願しようと、北朝鮮核武装を止めることはもはや不可能だ、という結論である。我が国をはじめ、周辺国すべてが、北朝鮮が核実験を実行する度に、非難声明を出してきた。しかし、それを嘲笑うかのように金正恩は予定通り、核実験を何度も成功させたのである。

我が国と米国は、いかなる手段をとっても北朝鮮の政治体制を変革したいと考えている。米国が北朝鮮を攻撃すれば、安倍首相は集団的自衛権を行使して米軍と共に自衛隊を出動させるだろう。この場合、あくまでも主体は米軍であり、自衛隊は援軍の役割を演じる、というシナリオが想定される。

しかし、このシナリオが実行されることはないだろう。何故ならロシアと中国は、北朝鮮に対する武力攻撃に反対だからである。にもかかわらず、仮に第二次朝鮮戦争が勃発するとしたら、その規模と破壊の程度を予測するのは困難ではあるが、米軍が勝利するのは間違いない。軍事力の圧倒的差を見れば、誰でもそう思わざるを得ない。しかし、物事はそう単純にいかないことも事実だ。考慮すべき問題は山ほどあるのだ。ロシアと中国は参戦するのかしないのか。

参戦すれば、北朝鮮の側に立つと思われるが、そうなると、第三次世界大戦の引き金を引く可能性が大いにあり得る。北朝鮮を発火点として、ロシアと中国と米国との戦闘に歯止めが効かなくなり、ついに核兵器を撃ち合うことになるかもしれない。人類は想像を絶する地獄を見ることになるだろう。プーチン習近平もトランプも、そうなってはならないと考えている筈である。つまり、第二次朝鮮戦争が起きる可能性は低い、とぼくは予想する。金正恩もきっとそう考えているに違いない。彼は、自国を取り巻く各国の思惑を、彼なりに正確に見抜いている。その確信があるからこそ、水素爆弾の実験を、誰にも遠慮せずに、敢然と実行できたのだ。

我々はこの若き異能の指導者、金正恩のしたたかさをどう理解すべきだろうか?金正恩の無謀とも思えるような、世界に対して挑戦する姿に、世界の戦後体制を考えないわけにはいかない。広島と長崎に原爆が投下されて、第二次世界大戦は終わった。戦時下において、ドイツも日本も核爆弾の製造に手をつけていたが、米国がいち早く完成させて実用化に成功した。この最終兵器の魔力は凄まじく、世界は恐怖におののき、自国防衛のため開発にしのぎを削った。

米国に次いでソ連、英国、仏国そして中国が次々と核実験に成功した。そしてこの5カ国は、実に狡猾な知恵を巡らせて、「核兵器の不拡散に関する条約」Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons (NPT)なるものを1968年に結んだのである。5カ国以外の国が核兵器保有するのを禁じる、という内容の実に胡散臭い条約である。5カ国だけで世界を軍事的に支配する、と宣言しているようなものだ。5カ国の指導者達は、狡猾ではあるが、真の知恵があるとは言えない。なぜなら人間の存在がいかなるものか、彼らは少しも理解していないからだ。理不尽な抑圧は、必ず反発する人間を登場させる。何故なら人間存在の根本は自由だからだ。しゃらくせえ、と叫んだかどうか知らないが、まずインドが覚悟を決めてNPTを脱退し、核実験に踏み切った。5カ国は怒り心頭に達し、インドに対して経済制裁を科すが、核兵器保有に成功すると、経済制裁を解き、何事もなかったかのように様々な分野でインドと交流を再開したのである。しかし、相変わらず国連安全保障理事会にインドは入ることを許されず、5カ国による独占が未だに続いている。世界の戦後体制とは、実にこの核兵器不拡散条約による5カ国の支配体制のことを言うのである。しかし、この体制は次第にほころび始めている。5カ国による核兵器の独占は終わりを告げた。

今では、パキスタン保有し、イスラエル保有している。イランも将来、持つことになるだろう。このように核兵器は拡散しているのが現実だ。その大きな理由は、核兵器を持てば、少なくとも他国から核攻撃される恐れがない、と言う暗黙の了解の存在が大きい。そうなると、核兵器を持たない国は、自国の国防を真剣に考えない、世界から取り残される知恵の足りない後進国家のように見えてくる。

金正恩はこの冷酷な現実を知悉している。米国が数千発の核兵器を所有しているのに、なぜ我が国が持ってはいけないのだ?我が国を取り巻く、ロシアも中国も何百発、何千発の核兵器を所有しているのに、なぜ北朝鮮が所有してはならないのだ?なに、俺が独裁者だからだと?ならば、中国共産党一党独裁ではないのか。今も、チベット人ウイグル人を虐殺しているではないか。米国は、中東を破壊し尽くした張本人ではないのか?お前らみんな悪党国家じゃねえか。お前ら悪党の侵略を許さないために、俺は核兵器を持つことに決めたのだ。何か文句があるか、イカサマ野郎ども!

金正恩がこう思っているとしても少しも不思議ではない。正論である。北朝鮮を取り巻くロシア、中国、米国はいずれも隙あらば他国の富を奪いにくる、欲深い悪党国家である。彼らの中で 果たして、金正恩にまともに反論できる国があるだろうか。ある筈がない。しかし、公平を期すために、ここでもう1人の役者に登場してもらおう。我が日本である。米国ベッタリの軟弱国家、日本。

拉致被害者北朝鮮から奪還できないで何十年も苦悶する国、日本。悪党国家に取り囲まれて呻吟する国、日本。北朝鮮が水爆実験を成功させると、安倍晋三はなんと言ったか。「断じて容認できない。厳重に抗議する。」これが我が国の総理大臣である。情けなさすぎる。トランプ大統領に何度も電話したらしい。日本を守ってくれるように何度もお願いしたのだろう。こんなお坊ちゃんに日本の総理が務まるか。さっさと辞職しろ。彼にはなにも期待してはいけない。

そこで、ここからはぼくのささやかな提言である。我が国は先の大戦で、広島と長崎に原爆を投下された、世界で唯一の被爆国である。戦後、平和憲法を守り他国と一度も戦火を交えることなく、今日までなんとか無事に過ごせたのは、かつての敵国米国の核の傘に護られている、と言う極めて曖昧な希望的妄想のおかげらしい。しかし、時代は大きく変化した。中国共産党尖閣諸島の領有権を主張し、北朝鮮はついに水素爆弾を持つに至った。気がつけば我が国は、周りを核兵器を持つ悪党国家に囲まれてしまっている。

これは戦後、我が国が直面する最大の危機的状況と言える。しかし、交戦権を認めない平和憲法が足枷となり、どうにもなすすべがない。絶望に身悶える日本。憲法改正は遠のくばかりだ。ここまで来たらとるべき手段はただ一つしかないと観念すべきだ。我が国も核兵器を持つことだ。それ以外に絶望的状況から逃れるすべはない。 都合の良いことに、内閣法制局は、我が国の核武装自衛権として承認している。法律上問題はない、とすればあとは安倍に代わる次の首相の覚悟と勇気だけである。少しもためらうことはない。金正恩を大いに参考にしたら良いではないか。北朝鮮核武装をするのは一理ある。周りの悪徳国家が核武装しているのに、北朝鮮核兵器を開発してなぜ悪い?その通りだ。しかし、日本こそ世界で最も核武装する資格がある、と言いたい。北朝鮮は我が同胞を拉致して未だに返さないままだ。そんな国が水素爆弾を持つに至った以上、我が国は今こそ立ち上がるべきだ。周りの悪徳国家の脅しが効かないほどの量の核兵器を持つべきだ。そして実現した暁には、世界の中心に立って、世界軍縮会議を呼びかけると良い。

アジア全域が欧米諸国の植民地だった時代、1人日本だけが立ち上がった歴史を思い起こしてほしい。あの時と同じように、正義の御旗を高々と掲げて、世界軍縮会議を呼びかけたら良い。核兵器で武装した強い日本が主張すれば、世界は必ず耳を傾ける。今の悪徳世界を良い方向に転換できるのは日本にしかできないし、日本の使命であると自覚せよ。経済大国日本がどう出るか、世界は固唾を飲んで見ているのだ。

 

お知らせ: 保守も革新も無党派層の人も辺野古へ行こう!
海兵隊が沖縄に駐留する軍事的必然性はない!
新基地ができると、日本の真の独立は200年遅れるぞ!
毎日無料高速バスが出ています:参加費はカンパのみ
月曜日 午前9時発 平和市民連絡会
火曜日 午前9時発 オール沖縄那覇の会
水曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
木曜日 午前9時発 平和市民連絡会
金曜日 午前9時発 平和市民連絡会
土曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
(いずれも県庁前広場発:受付8時半〜)