沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

橋下徹には失望した

橋下x羽鳥の番組での橋下徹の見解には大いに失望した。彼は、安倍首相が提案した憲法9条改正の案に賛成したのだ。つまり、9条の1項と2項を変えずに、新たに3項を加えて自衛隊を明記すると言う案である。彼と安倍首相の関係がどんなものか、ぼくは知らないが、明晰な頭脳の持ち主で、歯に衣を着せぬ物言いをする橋下氏の発言にしては、あまりにも酷いもので、一瞬耳を疑った。日本会議におけるビデオメッセージで表明した安倍首相の改正案に対しては、馬渕睦夫氏、竹田恒泰氏が早速、賛意を表明したが、ぼくは自身のブログで両氏を批判した経緯がある。9条の条文を変えないで、自衛隊の存在を明記するということは、完全な矛盾である、と指摘したのだ。

第九条

1 日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

中学生でも、この条文を読めば、自衛隊憲法違反だと考えるだろう。下手な理屈をつけて自衛隊が合憲だと無理な解釈をするのは、頭の悪い政治家だけだ。そして、これらの条文をそのままにして、3項を設けて、自衛隊の存在を明記すると言うから、あまりな無神経の恐ろしさに体の震えが止まらない。嘘の上塗りをして、さらに厚いペンキを塗るというのだから、その悪ふざけた精神構造を疑うばかりだ。ちなみにぼくの改正案は次の通り。

第九条

1 国防を目的として、国軍を保有する。

2 他国への侵略は、これを行使しない。

安倍首相は、このくらいのことは真正面から堂々と国民に訴えるべきだろう。しかし、本心ではそう思っているに違いないとしても、そうはしないだろう。支持率が下がると、簡単に信念を曲げるいい加減な性格の持ち主だからだ。一国の総理大臣の責任がどれほど巨大で重いものであるか、安倍晋三は少しも自覚していない。さて、橋下氏はさらに、同番組で沖縄の基地問題について、驚くべき発言をしている。沖縄の現在の米軍基地の過重負担に対しては、本土側の人間としては、申し訳ないが沖縄県に負担をお願いせざるを得ない、その理由は、本土側のどの自治体も基地の受け入れを拒否しているからだ、と前置きして、沖縄が過重負担を無くしたいと思うのならば、国会で多数派を形成しなければ不可能である、と述べたのだ。この発言には驚嘆すると同時に、橋下氏の安全保障に対する思考能力の限界を感じた。沖縄選出の国会議員がどんなに頑張ったところで、国会の過半数を制することは、ほとんど不可能に近い、というよりも完璧に不可能である。それじゃ、沖縄の主張に同調する政権を誕生させれば良いではないか。まさに民主党政権がそうだった。鳩山総理は、普天間飛行場移設は「できれば国外、少なくとも県外」を公約に掲げた。しかし、国会で圧倒的多数を制した民主党政権ですら、最後は現状維持の辺野古移設に戻らざるを得なかったのである。これは何を意味しているか。国会で多数派を形成したからといって、内閣に実力がなければ、沖縄の基地問題は解決不可能である、ということだ。つまり、全ては内閣の実力、覚悟、勇気にかかっているということだ。日本の安全保障を真剣に考え、100年の大計を立て、独立国家の面目を保つ強力な内閣が誕生しない限り、米国従属の政治を終わらせることは不可能である。その意味でぼくは、辺野古闘争は日本の将来を占う歴史的闘争になる、と言って憚らないのである。奇しくも今日は、終戦記念日だ。安倍首相は、靖国参拝をしたくても、しないだろう。いや、できないだろう。終戦記念日に、我が国の英霊に対し、堂々と威厳を持って参拝できない人間は、日本の総理大臣としての資格はない。そんな安倍首相の政策に同調する橋下徹には、完全に失望した。

 

  お知らせ: 保守も革新も無党派層の人も辺野古へ行こう!
海兵隊が沖縄に駐留する軍事的必然性はない!
新基地ができると、日本の真の独立は200年遅れるぞ!
毎日無料高速バスが出ています:参加費はカンパのみ
月曜日 午前9時発 平和市民連絡会
火曜日 午前9時発 オール沖縄那覇の会
水曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
木曜日 午前9時発 平和市民連絡会
金曜日 午前9時発 平和市民連絡会
土曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
 (いずれも県庁前広場発:受付8時半〜)