沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

朝堂院大覚が面白い、そして凄すぎる

日本刀を振り回す動画を初めて見た時、朝堂院大覚という人物は右翼の人間だろう、ぐらいにしか考えていなかった。しかし、その言動を注意深く聞いていると、その主張は、まさに正論ではないだろうか、と思うようになった。次第に興味が湧き、彼が登場する多くの動画を見、彼に関する情報をネットで調べていくうちに、朝堂院大覚は、常識的基準で評価する事が困難な、底知れないスケールの大きい人物だということがわかった。浪速冷凍機工業を率いて、30代で、今の金に換算すると、1000億円の個人資産を築き上げたというからすごい。田中角栄の懐刀と言われた後藤田正晴の相談役を務め、パレスチナ自治政府アラファト議長をはじめ、世界の政治家と交流を持ち、様々な組織を立ち上げ、自らその総裁に収まるという、凄まじい実行力の持ち主だ。日本の政界、暴力団組織、その他種々の社会組織と関わりを持ち、それ故にマスコミ等では知ることのできない、多くの興味深い情報の保持者でもある。彼の発言を聞いていると、その辺の事情が良くわかる。その発言の内容は過激であり、その中には大袈裟ではないか、と思わせるものもあるが、いかんせん、その裏付けを取る手段も能力もないぼくにとっては、今のところは、興味の域を超えることがないと言わざるを得ない。しかし語られていることが真実なら、日本社会がひっくり返るような中身の濃い情報に満ち満ちているのだ。その華やかで強面の出立ちは、一瞬見る人を後ずさりさせるが、正義感に溢れる人柄だと分かれば、逆にその男としての魅力に引き込まれるのではないだろうか。ぼく自身、朝堂院大覚氏の不思議な人間力に魅せられている、と告白せざるを得ないのである。57人もの子供がいるというが、こうなるともはや、不思議な魅力を超えて神秘的ですらある。並外れた人物、朝堂院大覚氏の発言から、当分の間、目が離せなくなった。

 

お知らせ: 保守も革新も無党派層の人も辺野古へ行こう!
海兵隊が沖縄に駐留する必然性はない!
新基地ができると、日本の真の独立は200年遅れるぞ!
毎日無料高速バスが出ています:参加費はカンパのみ
月曜日 午前9時発 平和市民連絡会
火曜日 午前9時発 オール沖縄那覇の会
水曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
木曜日 午前9時発 平和市民連絡会
金曜日 午前9時発 平和市民連絡会
土曜日 午前6時発 平和市民連絡会  
午前9時発 島ぐるみ会議
 (いずれも県庁前広場発:受付8時半~)