読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

狂ったか安倍総理

産経ニュースによると、安倍総理は、憲法9条の第1項、第2項をそのまま残して、自衛隊を明文化した憲法を、2020年に施行する意を表明した、という。
一瞬、頭の中が混乱したが、事実とすれば、安倍総理はついに発狂したのではないか、と大いに戸惑っている。
自民党のオブスキュランティズムが常態化しているのは、承知の上だが、しかし、ここまでくると、この国の政治に、もはや僅かな希望さえ見いだすことは困難である。
それほど、安倍総理の今回の表明は、成立し得ないものを、敢えて成立させようとする、常軌を逸脱したものだ。
第九条
1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦 争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
以上が世界的に有名な、我が国の憲法の第九条だが、これを読めば誰でも、自衛隊の存在自体が憲法に違反していることがわかる。
それゆえに、条文全体を改正して、自衛隊を国軍と明記し、自衛官が長年味わってきた屈辱を晴らすべきであるのに、条文をそのままにして、自衛隊を明文化するとは、一体安倍総理の精神状態はどうなっているのか。
結婚を拒む相手にプロポーズだけして、婚姻届を提出するようなことが、果たして受容されると考えているのか?
加憲を主張する公明党に譲歩したにしても、あまりにも頭が悪すぎる。国会審議を見るたびに、安倍総理には落胆させられっぱなしだが、このくらいのレベルの人間が、我が国の行政の長であり、しかも自衛隊の最高指揮官であると思うと、日本国民であることが恥ずかしくなる。ちなみに、改正私案は次の通り。
第九条
1 国防を目的として、国軍を保有する。
2 他国への侵略は、これを行使しない。