沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

政治哲学なきアメリカ大統領

トランプ大統領には、明確な政治哲学がないことが、次第に明らかになってきた。彼は前言をなんのためらいもなく、簡単にひっくり返す癖がある。この3ヶ月間で、何度もこの「ひっくり返し」を、世界中の人々が目にしてきた。

日本は在日米軍基地の負担をもっと増やすべきだと言いながら、安倍総理と会談した後は完全に沈黙している。ISISを撲滅させるために、プーチン大統領と協力する用意がある、と述べたのに関わらず、シリア空軍基地に巡航ミサイル59発を打ち込んだ。

DAMASCUS (Sputnik) — During his election campaign and after winning the election, Trump criticized the Barack Obama administration Syria policy, saying that the fight against terrorism, not removing Assad should be the priority of Washington.

However, on April 7, the United States launched 59 Tomahawk cruise missiles at the Syrian military airfield in Ash Sha’irat, located about 40 kilometers (25 miles) from the city of Homs. US President Donald Trump said the attack was a response to the alleged chemical weapon use in Syria's Idlib, which Washington blames on the Syrian government. Russia described the attack as an aggression against a sovereign state.

プーチン大統領と協力すると言うことは、現在のシリア政府を認めることでもある。オバマ政権のシリア政策とは明らかに異なる。しかし、トランプ大統領はシリア軍が化学兵器を使ったとして、シリア空軍基地を攻撃した。

化学兵器使用からわずか3日後である。シリア政府は毒ガス使用を否定しているし、ロシア政府はシリアの側に立って、執拗に国際機関による調査を要求している。ラブロフ外相は今日も同じく調査を要求したらしい。しかし、ロンドンからもパリからもなんの返事もないと伝えている。

もし、シリア政府とロシア政府が言うように、確実な証拠が存在しなければ、明らかに米国のシリア攻撃は、国際法違反である。

トランプ政権は世界を無法地帯に陥れる危険がある。得体の知れない不気味な足音が聞こえてくる。

"We tried to see anything positive, we said that what this president, Trump, what he said, we said 'promising,' I described it as promising, a few months ago," Assad said.
He noted that the April 7 US Tomahawk missile strike on the Sha'irat air base in Idlib province proves that "they say something and they do something different."
"But actually, it's not about what they promise, because we all know that the American officials say something and do something different, they're never committed to their promises or their words," Assad asserted.