沖縄よ! でぃぐぬ花日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本国を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

天皇陛下とひめゆりの塔

天皇陛下が皇太子の時、ひめゆりの塔を慰問されたことがある。その時、事件が起きた。左翼系過激派が、壕の中から皇太子めがけて火炎瓶を投げたのである。火炎瓶は皇太子の目の前で破裂炎上したが、幸いなことに皇太子も、ご同行されていた皇太子妃もご無事であった。

沖縄が祖国復帰してから三年後、1975年7月17日のことだった。復帰後、政府の「本土並み返還」はまやかしであったということで、沖縄県が政治的に燃えていた頃である。

しかし、明仁殿下はめげることなく、その後何度も沖縄をご訪問された。天皇陛下となられてからも、対馬丸記念館を訪れている。戦時中、学童疎開で沖縄から本土に向けて出航した対馬丸が、米国潜水艦に撃沈されたという報告を受けて、ご自身も疎開中の身であられた殿下は以来ずっと気にかけられていたという。

吉永小百合主演の映画「あゝひめゆりの塔」に対馬丸に乗船するため召集された学童たちと、彼らを見送る父兄が離別する悲壮な場面があるが、当時小学生であられた殿下も、疎開先で同じ気分であったに違いない。

 そして、対馬丸が撃沈されたという報告が、父兄や先生たちのもとに届くと、全員が泣き崩れる。殿下が疎開先で、対馬丸撃沈を知らされた時、幼い胸に言葉にならない悲しみが去来したことだろう。

驚くべきは、殿下はこの対馬丸の悲劇をずっと胸の内に抱え込んでいたという事実である。2014年6月27日に、陛下は学童慰霊塔「小桜の塔」と対馬丸記念館を訪れ、遺族・生存者十五人と懇談された。

歴史の真実を知れば知るほど、天皇陛下が高貴にて私心がなく、国民の安寧をひたすら念じておられるかがわかる。対馬丸が海底から発見された時、陛下が詠まれた歌

    疎開児の命いだきて沈みたる船深海に見出されけり 

一部の県民の間に未だに存在する、皇室に対するわだかまりを解くためには、我々一人一人が、忍耐強く歴史の真実を追求していくほかに道はない。