沖縄よ! 群星むりぶし日記

祖国は日本。郷土は沖縄。日本を愛し、沖縄を愛する者として、発信していきます。

「安倍帰れ!」慰霊の日に想う

土曜日の午後、「れいわ新選組」のポスティング用チラシ千枚が届いた。 街宣の動画で見たのと同じもので、表に12年前の山本太郎の顔写真(初々しい)と「みんなに忖度!」の文字。 裏は「政権取ったらすぐやります!」とあり、8つの緊急政策を取り上げて…

緊縮財政派と積極財政派の仁義なき戦い

今から約8年前、ぼくは東京で暮らしていた。午後、外出しようとしたら突然マンションが大きく揺れた。 沖縄に比べると東京は地震が多い。慣れているつもりだったが、これまで経験したものよりはるかに巨大で、建物が完全に崩落するのではないかと恐怖を覚え…

山本太郎の国防と天皇制についての感想

れいわ新選組の山本太郎代表の街宣を伝える動画が途絶えて不審に思っていたところ、久し振りに15日に浜松市でおこなわれたものを見ることができた。 8つの緊急政策を中心に話を進める姿勢は従来通りだが、室内で行われたことも関係したのか、聴衆の質問も…

安倍晋三の外交能力はゼロ、否マイナスだ

「シンゾーしかいない」 来日したトランプ大統領の要請を受けて、安倍首相はイラン訪問を決意した。無二の親友ドナルドの要請を断るわけにはいかない。環境整備を図るために、中東諸国の首脳級に相次いで電話をかけた。 6月8日の産経新聞の記事は、「現職…

保守か左翼リベラルかと問う議論の不毛性

六月二日、新潟駅前で「れいわ新選組」山本太郎代表の街宣があった。 その時、聴衆の一人である女性と山本代表の間で、注目すべき応答が交わされた。女性は質問というよりも、次のような興味深い提案をしたのである。 「保守思想の方を一人でも(候補者に)…

この国が集団自殺に追い込まれないために

今日の午後、近くの郵便局で「れいわ新選組」へ寄付金を送金した。 これで2回目。あとひと押しで一万円。来月の参議院選挙(衆参ダブル?)の告示日迄には一番上の目標額10億に達して欲しい。 昨日は、相模大野駅前で山本太郎代表の街宣があった。動画を…

『令和の政策ピボット』へ賛同者登録をしよう!

三橋貴明氏が主宰する政策集団『令和の政策ピボット』が賛同者を募っている。 現在のところ17387名が登録しているが、その内、沖縄県からも181名の登録者がいる。意外に多い。 ぼくも、今日登録した。三橋氏の言動にずっと注目し、その政策を検討し…

辺野古移設より合理的な代替案

うちなーありんくりんTVのゆうぞう氏が辺野古に代わる普天間飛行場移設の代替案を提案している。まずは動画をご覧いただきたい。 www.youtube.com 九州にある航空自衛隊基地、新田原基地と築城基地。 築城基地と新田原基地をいずれかの基地に統合して、残っ…

政治も軍事も劣勢だが、日本は文化面で米国より優位に立つ

トランプ大統領が来日した。異色の大統領だけに、色々と興味深い話題の提供に事欠かないようだ。各種メディアの報道によると、安倍首相とトランプ大統領は非常に相性が良いとされる。 今回も例のごとくゴルフを楽しんだ後、共に大相撲を観戦して優勝力士に米…

三橋貴明氏を財務大臣にして日本経済復活を!

三橋TV第95回 【MMTで弱者救済、国防強化、ILC建設を!】 前回に続いて三橋貴明氏の動画を掲載させていただく。今回は三橋TVから。 この中で三橋氏は、財務省が最も国民に知られたくない(らしい)財政システムについて明らかにしている。 OMF(Overt Moneta…

「れいわ新撰組」を援護射撃する三橋貴明の名演説

「日本の未来を考える勉強会」ーMMTポリティクス〜現代貨幣理論と日本経済〜ー令和元年5月17日 講師:経世論研究所 所長 三橋 貴明氏 他の生物と比較した場合、人間存在に特徴的なものは、自然界には存在しない幻想を自ら作り出す能力にあると言えるだろう。…

勢いづく「れいわ新撰組」寄付金1億円突破!

山本太郎参議院議員が一人で立ち上げた「れいわ新撰組」が勢いづいてきている。 昨日、仙台市青葉区で街頭演説に立った山本代表は、寄付金が1億200万円に達したことを報告した。今月末と予想していた目標額を超えたことになる。 山本代表の訴えが国民の…

沖縄の猪八戒・ボギーてどこん君に感謝しよう

沖縄が祖国復帰してから昨日15日で47年が経過した。 本来なら祝されるべき日として、県民あげて記念式典が開催されてもおかしくないが、現実は全く違う。 その主たる理由として第一に挙げられることは、佐藤内閣の「本土並み返還」公約が大嘘だったこと…

「日本を滅亡させる財政均衡主義の真実」三橋貴明と佐藤健志の対談

MMTを否定する本当の理由:前半 「れいわ新選組」を立ち上げた山本太郎議員が全国各地で展開している街頭演説が大きな話題になっている。 山本議員は「財務省のプライマリーバランス政策」を否定し、積極的財政出動による日本経済立て直しを訴え続けているか…

新しい御代の「れいわ新選組」は国民を守るために体を張る

れいわ新選組代表 山本太郎街頭演説 2019年5月5日 福岡・小倉駅 小倉城口(南口)前デッキ 山本太郎議員が一人で立ち上げた「れいわ新選組」の決意と諸政策に共鳴して、今日、郵便振替で寄付金(少額)を送金した。 10万人が1万円寄付すれば、10億円に…

一人で立ち上がった山本太郎を応援しよう!

山本太郎参議院議員が孤軍奮闘している。「れいわ新撰組」という政治集団を立ち上げて、全国各地で問答形式の街宣活動を精力的にこなしている。 その様子を伝える動画をずっと見てきて、応援したい気になった。月一度楽しみにしているヒレカツ定食を我慢して…

「主権回復の日」と「屈辱の日」

4月28日。 六十七年前のこの日、日本は7年に及ぶ連合国(実質は米国)の占領に終止符を打ち、主権を回復した。 がしかし、完全な形での主権回復ではなかった。不平等な日米安全保障条約と日米行政協定(後の地位協定)の締結が強制されたからである。敗…

桜と梯梧、遠ざかる祖国

那覇で暮らすようになって八年になる。東北大震災を東京で経験したことが帰郷を決断する直接の動機になった。 東京は地震が多い。しかし、あの時の揺れの大きさと時間の長さは、初めて経験するものだった。東京に居てさへそうだから、東北の人々の衝撃は計り…

公約を破棄した島尻候補は負けるべくして負けた

沖縄3区の衆議院補欠選挙は予想通りの結果になった。 屋良朝博氏の得票数は7万7156票。相手候補に1万7728票差をつけての当選である。圧勝とは言えないまでも、大勝である。 島尻氏が敗北した原因をあげてみる。 辺野古移設を容認 10月に予定さ…

消費税増税に賛成の島尻候補を落選させよう!

衆議院沖縄3区補欠選挙に関連して、琉球新報が両候補者の「政策点検」を連載している。 今朝の点検課題で10月に引き上げが予定されている消費税に対する両候補の見解が「賛成(島尻候補)」「反対(屋良候補)」と明確に分かれた。 「10月に予定する消…

アメリカの袋を突き抜けろ

海兵隊所属の海軍兵ガブリエル・オリヴェロという男が北谷町に住む日本人女性を殺害した後、自殺した事件について地元紙が連日報道している。 女性(44)の名前は地元紙では報道されていないが、『Stars & Stripes』にはタマエ・ヒンドゥマン(?)(Tamae…

「箱舟コミュニティ」は現代の救世主となり得るか?

坂の上零さんが創始した「箱舟コミュニティ」がついに沖縄に上陸した。 坂の上さんの石垣島での講演会は大変な活況を呈したらしい。地元の人々と無農薬による自然栽培を中心とするコミュニティ作りに意気投合した様子をJRPテレビで報告している。 本当の日本…

島尻安伊子を「島売り安伊子」と呼ぼうじゃないか

熱さも喉元を過ぎればなんとやら、日本人の性格は熱し易く冷め易いといわれる。 しかし、ウチナーンチュはあの日の出来事を今でも鮮明に覚えていて、決して脳裏から消えることはない。上の沖縄タイムス紙の記事をご覧いただきたい。 沖縄選出の自民党国会議…

消費税10%への増税は日本の自殺だ

参議院議員の青山繁晴氏はかつて、安倍首相は民主党政権下の野党時代に経済学を猛勉強したと発言したことがあった。 三年ぶりに政権を奪還した初年、安倍首相は異次元の金融緩和を断行して世間をアッと言わせ、アベノミクスの旗を高々と掲げた。 株価も上昇…

新しい御世『令和』が素晴らしい御世であることを祈りつつも

先月いっぱいで琉球新報の購読を解消した。生活費を節約するのが主目的だが、健康増進も視野に入れてのことである。 県立図書館まで歩くこと。今住んでいるところから3.3キロの道のりはかなりしんどい距離だが、新聞が読めることと運動不足の解消になるこ…

御世がわりに暗い影を落とす安倍政治

桜満開の時期にいよいよ平成の御世が終わる。明日、新元号の発表があるらしい。 数ヶ月前に購入した『平成を読み解く51の事件1989〜2018』(文藝春秋)をめくりながら、ひとりで感慨にふけっている。 平成を読み解く51の事件 (文春MOOK) 出版社/メ…

大本営と安倍内閣の類似性

無数の動画が、インターネット上で配信される時代に我々は生きている。現代という時代は「YouTube革命」と呼んでも決して過言ではないだろう。 おかげで、善悪は別として、テレビで放映されない様々な映像を見ることができる。知りたい情報が選択できるこの…

うせぇらってぇならんどぉ、なまからるやんどぉ❗️

「沖縄に対する時、日本人は醜い」大田昌秀氏(故人)は『醜い日本人』にそう書いている。 醜い日本人―日本の沖縄意識 (1969年) (サイマル双書) 作者: 大田昌秀 出版社/メーカー: サイマル出版会 発売日: 1969 メディア: ? この商品を含むブログ (1件) を見…

「消費税を5%へ減税を野党統一政策に!」山本太郎議員の提案を支持する

当選回数を重ねるごとに政治家は初心を忘れていく。 国民のために働くことが政治家の本来の仕事であるはずなのに、いつしか自分の利権・保身のために政治をするようになる。 ぼくの目に映るほとんどの政治家がそうだ。 今の政界で「国民のために働く」という…

山本太郎議員、応援しているぞ、頑張れ❗️

昨日の参議院予算委員会で山本太郎議員が質問に立った。 見ていて溜飲の下がる思いをしたのはぼくだけだろうか。山本議員の質問は的を射た鋭いものだった 対する安倍首相、岩屋防衛大臣、河野外務大臣の答弁は、見るに耐えないほど不誠実なもので、怒りがこ…